このページの本文へ

ソニーの話題作、Android腕時計がアキバ店頭に入荷!

2012年04月20日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンやタブレットとペアリングして手元で操作できるSONY製のAndroid端末「SmartWatch」がJan-gle秋葉原本店、同3号店に入荷している。

腕時計のようなウェアラブルAndroid端末「SmartWatch」が登場。オンライン限定のアイテムを店頭でチェックできるチャンスだ

 SmartWatchはBluetooth接続したスマートフォンやタブレットを手元で操作できる腕時計タイプのAndroid端末。日本国内でも10日からオンライン限定で販売が開始されている。今回入荷したのは海外版だが、仕様や機能は同様のため、詳しい仕様などはこちらの記事を参照していただきたい。

コンパクトでスタイリッシュなフレーム。対応アプリのダウンロードで機能を拡張できる。ちなみにアプリはスマホ本体にインストールされる仕組み

 Sony Ericsson「LiveView」の直接的な後継にあたる製品だが、主な違いはタッチパネルの採用と解像度の大幅な向上。操作感や見やすさが改善し、非常に使いやすくなったという印象だ。

 操作用アプリ「LiveWareマネージャ」を使用して多数の対応アプリ導入が可能で、Twitterやメールのチェック、音楽プレイヤーの操作などがスマートフォンをポケットから取り出すことなく実行できる。

背面のクリップでバンドに固定するシンプルな作り。20mm幅の腕時計用バンドに固定できるオプションも同梱されている。充電は付属の専用端子を使用

 LiveWareマネージャをGoogle Play上からダウンロードすることで幅広いAndroid端末で動作すると思われるが、本来はXperiaシリーズ専用のガジェットのため、同シリーズ以外での動作は保証対象外となる。

 対応OSはAndroid2.3以上とされているものの、ショップによれば「Android3.Xや4.0端末では動作するか不明」とのことで、購入の際は注意が必要だ。Jan-gle秋葉原本店、同3号店にて1万1800円で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART