このページの本文へ

CFD「CSSD-S6T120NTS2Q」

東芝製ドライブ採用のSATA3.0対応SSDがCFDからも登場

2012年04月14日 22時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝製ドライブ採用をうたうSATA3.0対応SSD「S6TTS2Q」シリーズがCFD販売から発売となった。

東芝製ドライブ採用をうたうSATA3.0対応SSD「S6TTS2Q」シリーズ。容量120GBの「CSSD-S6T120NTS2Q」が登場

 昨日のアイ・オー・データ機器「SSDN-3T120B」に続く2モデル目の東芝製ドライブ採用SSD。発売されたのは容量120GBの「CSSD-S6T120NTS2Q」で、コントローラーは非公開となるものの最大転送速度はシーケンシャルの読み込みが506MB/sec、書き込みが374MB/secとなっている。
 価格および販売ショップは以下の通り。なお、同シリーズは他に60GBモデル「CSSD-S6T60NTS2Q」や240GBモデル「CSSD-S6T240NTS2Q」、480GBモデル「CSSD-S6T480NTS2Q」もラインナップされている。

コントローラーは非公開となるものの最大転送速度はシーケンシャルの読み込みが506MB/sec、書き込み最大が374MB/secとなっている
価格ショップ
「CSSD-S6T120NTS2Q」
¥13,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥14,800OVERCLOCK WORKS
PC DIY SHOP FreeT
¥14,980パソコンショップアーク

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社