このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー ― 第17回

フリスクサイズの携帯電話を使い倒した

超絶小型PHS「ストラップフォン」こそがスマートなフォンだ!

2012年04月17日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトなPHS「ストラップフォン」をキミは見たか?

 ウィルコムから「イエデンワ」と同時期に発表されたユニークなPHSといえば「ストラップフォン WX03A」だ。フリスクサイズで、世界最小・最軽量の携帯電話として話題をさらった。今年1月に発売され、純粋な通話用だけでなく、緊急時の連絡手段として契約する人もいるそうだ。

 コンパクトで超キュートなので、ファッション的に活用できるなど、イエデンワに続くナイスな個性派PHSではないだろうか。現在、ウィルコムでは月額が3年間980円(元は1450円)になる「どん引きキャンペーン」といった挑戦的なアクションが行なわれているので、ストラップフォンも品薄の状況が続いているようだ。

 こんなステキな端末を、編集部内私設ウィルコムファンクラブ会員としては紹介しないわけにはいかないので、さっそくチェックしていこう。

小さいけど押しやすいボタン

 まずは驚きのサイズと重量から見てみよう。幅約32×縦約70×厚さ約10.5mm、重量約33g。もし、手近なところにフリスクがあるのなら、パッケージを手にしてみてほしい。そのサイズがストラップフォンとほぼ同じだ。重量は「フリスク ネオ」とほとんど同じだが、約33gはほとんど意識しないですむ重量なので、とにかく軽いという認識でいいだろう。また、ひと昔前のBluetoothヘッドセットのような雰囲気ともいえる。手に持てば、世界最小・最軽量ケータイの名がだてではないとわかる。

パッケージもシンプルでかっこいいパカっと開くとストラップフォンとご対面。超コンパクトで、開封時のインパクトは強烈だった
説明書もパッケージサイズ説明書の下には充電器が入っている。microUSBタイプで、スマホの充電にも利用可能だ
本体正面。テンキー部分にLEDバックライトを搭載している背面には開発メーカーABITのロゴとスピーカー
右側面にはロックスイッチがある左側面には赤外線ポート
底面にはストラップホールとmicroUSB端子、マイクがある
フリスクと比較してみた。さすが“フリスクフォン”の異名を取るだけあって、ほぼ同一サイズだった

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART