このページの本文へ

バーコードから妖精が誕生! 声優も来たシェルノサージュ発表会

2012年04月12日 19時36分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日、約6年ぶりになる“三国志”シリーズナンバリングタイトル「三国志12」をお伝えした。同日には、ガストが4月26日に発売するPS Vita用ソフト「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~」(以下、シェルノサージュ)の完成披露会も開催された。価格は5040円で、限定版の“AGENT PACK”は7140円を予定している。

 会場には、コーエーテクモゲームス・代表取締役社長である襟川陽一氏、ガスト・代表取締役社長の青柳和男氏、ソニー・コンピュータエンタテインメント・プレジデントの河野 弘氏が登壇。なかでも、SCEの河野氏は「テレビCMだけではなく、ネットワーク周りでもサポートしていきたい」と、力強くバックアップしていくことを約束した。

固い握手を交わした襟川社長と青柳社長
SCE・プレジデントの河野 弘氏
会場には、ゲームに登場するイオン役の加隈亜衣(かくまあい)さんほか2名の声優もゲストとして登場して、会場を盛り上げた

ヒロインは7次元先で実際に生きて生活している

 本作は、“7つの次元を越えた先に、存在する世界”というコンセプトを元に制作された“サージュ・コンチェルト”シリーズ第1作目。PS Vitaに搭載されているカメラ機能やタッチパネル、Wi-Fi通信などを最大限に活かしたオンライン専用タイトルだ。“7次元コミュニケーション”というジャンルを銘打っており、実際のゲームでも、少女「イオン」は、7次元の世界で生き、生活している。ゲームは、“コミュニケーションパート”と“夢セカイ”の2つに分けられている。

イオンはプレイヤーと同じくリアルタイムで7次元で生きている
イオンの生活リズムは決まっているが、プレイヤーと親しくなるにつれて、プレイヤーと生活リズムが近づいていく

 イオンは、過去に起きた出来事をすべて忘れてしまっている。プレイヤーは、イオンが忘れてしまった過去を取り戻し、心を少しずつ癒していくのが、大まかなゲームの目的となる。

シャールはバーコードを写しだすことで呼び出せる

 記憶を取り戻すためには、イオンとタッチパネルを使用したコミュニケーションを取ることで得られる“ヒュムノポイント”を使用して、イオンの心のなかにいる妖精“シャール”に依頼する必要がある。

イオンの記憶の修復を行なうシャール

 シャールは、実際のバーコードをPS Vitaのカメラで写しだすことで誕生させられる。バーコードによって種族・属性・性質・性格が決まり、シャールと契約するためには前述したヒュムノポイントが必要になる。

最大で6人のシャールと契約できるので、お気に入りのシャールを見付けるのも楽しみの1つだろう

 また、シャールは本作最大のオンライン要素でもある。シャールは生み出されたバーコードごとに他プレイヤーのシャールと掲示板によるコミュニティーを持つことができる。他プレイヤーのシャールと一緒に廃墟の修復をすることも可能だ。なお、同社広報にシャールについて詳しい話を聞いたところ、シャールはバーコードに記されている企業コードによってコミュニティーが分類されているそうだ。例えば、ガストの製品に印字されたバーコードから読み出せば、ガスト関連のコミュニティーに入る形になる。

他プレイヤーが契約しているシャールと協力して、イオンの記憶を修復していこう

 シャールの準備が整ったら、イオンの“夢セカイ”にダイブして、廃墟となったイオンの記憶をシャールの力を借りて修復していく。廃墟を修復すると、イオンの中に眠っていた記憶を見ることができる。

夢セカイへは、イオンと会話することで行ける
無事に記憶を修復できたら、イオンの中に眠っていた記憶を垣間見ることができる

アイテム作成要素もバッチリ搭載

 “アトリエ”シリーズでおなじみのガストなので、もちろんシェルノサージュにもアイテム作成要素を取り入れている。アイテムと作成したアイテムは、実際にイオンが利用できる。例えば、ビーチサンダルだったらイオンが着用することで、海にデートできるようになる。

アイテム作成要素もある。ビーチサンダルを作成すれば、海にデートにいくことも可能だ

 7月1日には大宮ソニックシティで、“アトリエ”シリーズと「シェルノサージュ」の合同イベント“ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~”の開催が予定されている。シェルノサージュをプレイしてみようというユーザーや、アトリエシリーズのファンはぜひ参加しよう。

意外にもガスト初となるオフィシャルイベント。ファンならぜひ参加しよう
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ