このページの本文へ

iPadの音楽はアンプを通せ! ヤマハ「RX-V473/V573」

2012年04月12日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RX-V473」と「RX-V573」

 ヤマハから、ネットワーク対応の5.1chAVアンプ「RX-V473」と7.1chAVアンプ「RX-V573」が発表された。ともに5月下旬発売予定で、RX-V473の希望小売価格5万2500円、RX-V573は6万3000円となる。

 どちらも同社AVアンプ製品の中ではミドルクラスに位置する製品で、3月発表の入門機「RX-V373」と比較してAirPlayやDLNAといったネットワーク配信機能に対応する点が大きく違う。加えてインターネットラジオの受信も可能だ。

「AV CONTROLLER」のiPad表示(左)とAndroidスマホ表示(右)

 スマートフォンやタブレットからのリモートコントロールにも対応しており、専用アプリの「AV CONTROLLER」はiOS版Android版が無償でダウンロードできる。本アプリはスマホだけではなく、iPadやAndroidタブレットの大画面(7型)に最適化したGUIも用意している。

 さらに両機ともにiPhoneやiPadなどとデジタル接続できるUSB端子を本体前面に装備している。

 どちらも192kHz/24bitのバーブラウン社製DACを採用。同社独自の音響モードである「シネマDSP<3D>」では、仮想的にフロントハイのスピーカーの音を再現する「VPS」(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を利用できる。

 そのほか、HDMI入力/出力は4K2K信号に対応(スケーラーは非搭載)。RX-V473の上位機種となるRX-V573は、フロントバイアンプ(フロントスピーカーの高音域と低音域に個別の出力を割り当てる)機能とZone B(1つのアンプで2つの部屋のスピーカーに対してメインチャンネルの音声を出力する)機能を搭載する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART