このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第15回

iPhoneの写真を便利にフォルダー分けする方法

2012年04月09日 15時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(編集担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく本連載。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

iPhoneの「写真」はフォルダーで管理しよう

 iPhoneのカメラ機能はとにかく便利だ。大きなカメラをカバンから取り出す手間もなく、好きなタイミングでさっと撮れる。何気ない景色や、外食のメニューなどを気軽に撮影するようになったという人も多いのでは。そうなると困るのが、大量にたまってしまった写真の整理だ。これまではアプリを使って整頓するしかなかったが、iOS5から公式で「写真」でのフォルダー分けが可能になった。何しろ最近追加された機能のため、それ以前からiPhoneを使っている人にとってはなじみがないかもしれない。また、「フォルダーを追加する」とはっきり表示されているわけでもないので、iOS5以降からiPhoneを使い出していても、やり方を知らない人もいるだろう。

 実のところ、「写真」にフォルダーを追加するのはとても簡単だ。「写真」を起動し、右上の「編集」をタップ。左上の「追加」をタップして、アルバムの名前を入力する。そして、カメラロールや他のフォルダーから追加したい写真を選び、追加が終わったら「完了」をタップすれば、新しい画像フォルダーができあがる。

基本は作成したいフォルダーの名前を入力して、カメラロールや他のフォルダーから移動したい画像を選択するだけ

 もちろん、作成済みのフォルダーに画像を追加することもできる。カメラロールや他のフォルダーを開いて右上をタップし、任意の画像を選択して「追加」から追加したいフォルダーを選ぶ。写真を消すには、同じく右上をタップしてから画像を選択して「削除」を押せばフォルダから削除される。

 なお、カメラロールからフォルダーに写真を追加しても、画像はカメラロールに残ったままということには注意。つまり、新しく作ったアルバムに移動しているわけではなく、カメラロールから写真を参照している仕組みなのだ。そのため、カメラロールからオリジナル写真を削除すると、フォルダへ移した写真も一緒に消えてしまうので気を付けたい。

他のアルバムに追加した画像をカメラロールから消そうとすると、「この写真は1つのアルバムで使用されています。すべての場所で削除しますか?」と表示される。これを消してしまうと、追加したアルバムからも消えてしまうのだ

このテクを使っている覆面:カリーさん

iPhoneを3Gから使っている自分にとっては待望の機能だ。知らないのはもったいないので、この機会ーにおぼえておいてほしい!

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中