このページの本文へ

DOSPARA「新スーファミPC」

これが2012年版「新スーファミPC」だ! 4コアCPUにSSD搭載

2012年03月31日 23時44分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スーパーファミコンの筺体を使った改造PCに、2012年版ともいうべき最新モデル(?)が登場した。ドスパラ パーツ館では週末から展示が始まっている。

スーパーファミコンの筺体を使った改造PCに2012年版ともいうべき最新モデルが登場。CPUには「A8-3820」を採用する

 この「新スーファミPC」は同店の若手スタッフが作成した改造自作PC。マザーボードにASUSTeKのSocket FM1対応モデル「F1A75-I DELUXE」、CPUに「A8-3820」、ストレージにはOCZ「AGT3-25SAT3-120G」を採用するなど、最新のスペックで構成されているのがポイントだ。
 もともとオンボード機能が豊富なマザーなだけに、USB 3.0やBluetooth、無線LANのほか、映像出力にDisplayPort/HDMIを備えている。なお電源にはアビーのACアダプター電源キット「AC150-AP04AA」(150Wモデル)を採用している。

内部の様子。比較的スペースには余裕があったとのこと。マザーにはASUSTeKのMini-ITXモデル「F1A75-I DELUXE」を使用している

 なお同PCの製作には約1週間、費用はOS込みで約7万円ほどがかかったとのこと。週末には店内でデモ予定とのことなので、興味のある人はのぞいてみるといいだろう。

作り方の手順も公開している

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中