このページの本文へ

サイズ「刀4」

来週発売のサイズ製オリジナルクーラー「刀4」が展示開始

2012年03月29日 22時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズのオリジナル製品となるサイドフロー型CPUクーラー「刀4」(型番:SCKTN-4000)のサンプル版が来週の発売を前にアキバに登場している。

来週の発売を前にサイズオリジナルとなるサイドフロー型CPUクーラー「刀4」(型番:SCKTN-4000)のサンプル版の展示がスタート

 同モデルで4代目となる「刀4」(型番:SCKTN-4000)は、昨年の「COMPUTEX TAIPEI 2011」でも参考展示されていた製品。先代「刀3」では、ファンを斜めにすることで周辺冷却を 可能としていたが、「刀4」ではエアインテークのような傾斜型フィン構造(A.T.F.S=Aero Tuning Fin Structure)を採用し、フィン単体での冷却性能を向上させつつも周辺冷却を可能としたという。
 搭載ファンは92mmで、300~2500rpm/6.7~55.55CFM/7.2~31.07dBAのワイドレンジPWM仕様。対応ソケットはLGA 1366/1155/1156/775、Socket FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2のほか、専用リテンション「N.G.C.S」(New Generation Clip System)の改良により、Intel LGA2011にも対応する。本体サイズは100(W)×102.5(D)×143(H)mm。
 予価は3480円。ツクモパソコン本店やパソコンハウス東映、ソフマップ秋葉原本店リユース総合館でサンプル版が展示中となっている。

エアインテークのような傾斜型フィン構造を採用。フィン単体での冷却性能を向上させつつも周辺冷却を可能としたという

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中