このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第108回

スマホをGPSロガーにして写真にジオタグを付ける技

2012年03月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AndroidスマートフォンをGPSロガーとして利用する

 AndroidスマートフォンをGPSロガーとして使うなら、「山旅ロガー GOLD」がお勧め。こちらも「測定開始」ボタンをタップするだけの簡単操作がうれしいところ。価格は250円だ。

 GPS信号のみを使うので、携帯電波は不要。それどころか、アプリの起動時に「機内モード」に自動で切り替える設定もある。その分バッテリー消費を抑えられるので、長時間のGPS計測が可能だ。Androidスマートフォンはバッテリー駆動時間が短めなのでうれしいポイントだ。また、今回テストしたうち、唯一フライト中にGPSを受信できた。位置はもちろん、高度も約1万メートルとほぼ正確な数値を記録していた。

「山旅ロガー GOLD」を起動したら、「測定開始」をタップする。画面は「MOTOROLA PHOTON ISW11M」のものアプリが不正終了したり、電源を入れ直したりするとログが分かれる
「地図ロイド」(無料)をインストールしていると、移動ルートを端末で確認できるGPSデータを転送するなら▼をタップする「共有」をタップし、自分宛にメールする

 メールなどでGPSデータをゲットしたら、写真にジオタグを埋め込む作業を行なおう。様々なフリーソフトが公開されているが、今回は「Jpeg GPX Merger」を利用してみる。gpxファイルを読み込み、画像フォルダを指定。「GPS情報をJPEGファイルにマージ開始」をクリックすれば、写真の日時を判別し、GPSの情報を埋め込んでくれる。後は、前出の通り、PicasaやGoogle Earthで楽しもう。

「Jpeg GPX Merger」でジオタグを埋め込む

 今回、Androidスマートフォンがバッテリー切れになったり、アプリの不正終了などでログが細切れになってしまった。そんな時は「」を活用できる。「轍」はGPSデータを手軽にカスタマイズできるフリーソフト。旅行のプロフィールマップも作れるので、オリジナル旅行記を作るのにも役立つ。

「轍」にgpxファイルを全部読み込ませ、「トラック」タブの「連結」をクリックして結合する。エクスポートはファイルメニューから行なえる
地図上に写真を配置したプロフィールマップが簡単に作成できる

 スマホがあれば、GPS機能を搭載していないデジカメで撮影した写真にもジオタグを付けられる。せっかくの旅行なので、ぜひチャレンジしてほしい。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン