このページの本文へ

iPhoneが顔になる! バンダイが新ペットロボットを発表

2012年03月26日 20時44分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バンダイは26日、iPhoneと連動できる犬型ペットロボット「スマートペット」を4月28日に発売する。価格はオープンプライスで、想定実売価格は6000円前後。カラーバリエーションは白と黒の2種類を用意している。同日に都内にて報道関係者向けに記者発表会が開催された。

製品を片手にPRした同社代表取締役社長・上野和典氏と、女優の黒木メイサさん

 スマートペットは、ロボットの顔に当たる部分にAppStoreから専用のアプリケーションをダウンロードしたiPhone/iPod touchをセットすることで、実際の動物のように動くペットロボット。iPhone/iPod touchのタッチパネルからミニゲームをしたり、カメラ・マイク機能を利用することで、手の動きや呼びかけに反応させることもできる。もちろん、スマートペットからiPhone/iPod touchを取り外すことで、外出先でもコミュニケーションをとることも可能だ。

 顔のバリエーションは、アプリに搭載されているものから選ぶことができるほか、写真を取り込むことで自由に顔を設定できる。搭載されている顔のバリエーションには、本日ゲストとして登場した黒木メイサさんの似顔絵も用意されているとのこと。

カラーバリエーションは白と黒の2種類がラインナップされている
骨型のアタッチメントを利用すれば、骨をくわえているポーズで充電もできる

 そのほか、Bluetoothでの通信によりほかのスマートペットと連動して芸をさせることもできる。顔の表情と身体の動きの組み合わせで合計で100種類以上のリアクションをとらせることができる。

 本体サイズは幅約110mm×奥行き約170mm×高さ約170mmで、重量は450g。単3電池3本で動作する。対応機器はiPhone 4S/4/3GS、iPod touch(第4世代)。対応するiOSは 5.0以降。現時点では、Android対応は予定していないが、売れ行きを見て検討したいという。

ゲストには黒木メイサさんが登場!

 会場に登壇した、同社代表取締役社長・上野和典氏は、「たまごっちなどのデジタル育成のノウハウを集めた、新感覚のアソビです。自信を持って紹介できる製品です」と、太鼓判を押した。

バンダイの得意分野のロボットとデジタル育成ゲームを融合させた自信作だと紹介する上野社長

 また、ゲストでは2月に電撃入籍したことで話題の女優・黒木メイサさんが登場。結婚後としては公の場に登場するのが初めてということもあり、「2月2日に入籍させていただきました」と、まずは報告。司会者からおめでとうございますと投げかけられると「ありがとうございます」と笑顔を見せていた。
 製品については、「くしゃみをする仕草が可愛いです」とコメントし、一足先に楽しんだ感想を語った。そんな黒木さんが登場するスマートペットのCMは明日27日から公開される予定だ。

トークショーの場で製品についてPRする黒木メイサさん
結婚報告後としては公の場に初めて登場した黒木さん。CMで着ている衣装で登場したためか、左手には指輪は見られなかった

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社