このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ビジネスをよりエグゼクティブに、パワーユーザーに革命を!

漢を磨くイカした13インチサブディスプレーと禁断の合体!

2012年04月09日 11時00分更新

文● 藤山 哲人

 いつものように編集部の萌えグッズを漁りに行っていたとき、超薄っぺらい13インチの液晶ディスプレーを見つけた。とはいえディスプレーのスタンドもないので、「なに?この薄いタブレットPC? 新型のサンプル?」と素っ頓狂なコトを聞いてしまったほどだ。

発売中のGeChic製「On-Lap 1301」。13.3インチで厚さ13.8mm、重さは865gのモバイルディスプレーだ。ノートPCに吸盤でくっ付けると、ノートなのに出先でマルチディスプレー環境が使えるスゲー奴! 実売価格は1万6800円前後4月13日発売予定の「On-Lap 1302」。13.3インチと画面サイズはそのままで、厚さは42%薄い8mm(半分近けーじゃん!)、重さは24%軽量化され654g(体重で考えると激痩せダイエット!)となっている

 話を聞いてみると、コイツはテックウインドが販売しているGeChic製のディスプレーで、ノートPCに貼り付けるとサブディスプレーとしてデスクトップを拡張したり、プレゼンするときにミラーリングディスプレーとして使えるというもの。黒いディスプレーはすでに発売中だが、白いディスプレーは発売直前ということもあり、色々と遊べそうなので編集部から無理やり奪取してきた。

 しかも製品サンプルには「返却日」が書かれていない! そのためASCII.jpのデフォルト値を適用し

 メーカーがくれたものと判断!

 フツーに使っているシーンは、発売されればそこかしのブログやニュースサイトで紹介されるハズなので、ASCII.jpらしくメーカー推奨外の改造もやってみよう! ええ、借り物じゃなければ改造するでしょ? だってASCII.jpだもん!

ノートPCのマルチディスプレーEvolution!

 とりあえず改造したいところだが、ASCII.jpは改造すると毎度原型を留めなくなるので、改造前にフツーの使い方を紹介しておこう。
 まずはノートPCへの取り付け方は、写真のような手順で簡単にできる。

1) ディスプレー下のカバーを開け、USBケーブルを引き出す。このとき付属のHDMIもしくはD-sub15ピンのアナログVGAケーブルを接続しておく
2) 付属している吸盤を4つ取り付ける。吸盤はネジのように回していけばガッチリと固定できる。ここまでの作業は、初めて使う場合に1回するだけでいい
3) ノートPCにディスプレーケーブルを接続し、電力供給用のUSBケーブルも合わせて接続する。写真のノートPC「ASUS ZENBOOK UX31E」の場合は、ノートPCに付属のD-sub15ピン→mini VGA変換アダプターをあいだに咬まして接続している
4) ノートPCの背面に製品を吸盤でくっつけて電源を入れるだけ

 製品は吸盤で取り付けるので「今日はサブディスプレーはいらない」という場合は、キュポン!と外すだけでいい。さらに便利なのは「ドライバーのインストールが不要」という点。他社製のディスプレーではメーカー独自のドライバーをインストールする必要があるが、On-Lap 1301/1302はWindows標準のドライバーでイケるので、この上なく簡単だ。

ドライバーのインストールが不要なので、ケーブルを接続するだけですぐに使用できる製品は吸盤で取り付けるので「今日はサブディスプレーはいらない」という場合は、キュポン!と外すだけでいい

 また上の写真ではアナログRGBで接続しているが、HDMIケーブルも付属しているのでデジタル入力もOK。もしノートPC側がmini HDMIやmicro HDMIになっている場合は変換コネクターを咬ましてやればいい。

HDMIケーブルも付属しているので、アナログとデジタルどちらでも出力可能だ未使用時は、電力供給用のUSBケーブルを本体内に格納できる

 こうしてノートPCにOn-Lapを背負わせると、ASCII.jpを読んでいるフツーのサラリーマンが、エグゼクティブにメタモルフォーゼ! PowerPointの設定を変更すれば、自分の見ているディスプレーだけにカンペを表示させられるので、流れるようなプレゼンに一目置かれるハズだ。

頭の固い上司や、なかなかクビを縦に振らないクライアントも、このディスプレーでプレゼンすれば楽勝! あとはキミの口八丁手八丁だけだ!

 そして便利なのは、クルッと180度反転させるとマルチディスプレーとして利用できるってトコ。デスクトップがほぼ倍まで広がるので、超横長のExcelで作業したり、いくつもウィンドウを開いての作業が赤い彗星のごとく速くなる。

たまにあるのが、コッチがノートで作業するってこと考えずに、超横に長いExcelのファイルをくれる奴。これで鍵穴から覗くように作業していたExcelの操作も、デスクトップPC以上に快適になる

 さらにスゴイのは、縦にしても使えるという点だ。PDFを読んだりWebを見たりするのが楽で、横長ディスプレーに比べると天と地との差ほどある。こりゃ、一度使ったら止められない常習性を秘めている!

縦長に使うときはノートPCからキュポン!と外して、固定用のフレームをスタンドとして使える! ぬぅ~、なかなか賢い作りだ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中