このページの本文へ

iPhone/iPadと無線LANで連携! 小型ウェアラブルカメラ

2012年03月22日 19時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ION AIR PRO」をヘルメットに装着したところ
「ION AIR PRO」をヘルメットに装着したところ

 サミット・グローバル・ジャパンは、iPhone/iPadと連携できるウェアラブルカメラ「ION AIR PRO」を4月末に発売すると発表した。予想実売価格は1万9800円。

手に持ったところ。手のひらサイズだ 上面には操作ボタンを用意。電源オンや撮影開始などの合図は本体の振動で確認できる
手に持ったところ。手のひらサイズだ上面には操作ボタンを用意。電源オンや撮影開始などの合図は本体の振動で確認できる

 ヘルメットや自転車のハンドルなどに固定できるスポーツ向け小型カメラで、水深10mの防水性を備える。最大170度という超広角レンズを採用し、人間の見たままを写せるという。

 撮像素子には500万画素のCMOSセンサーを採用。最大1080p(秒間30フレーム)または720p(秒間60フレーム)の撮影が可能で、本体サイズは幅37×奥行き107×高さ37mm、重量は130gとなる。

本体背面にフタを外すと、端子部が現われる。HDMI出力やUSB端子、microSDカードスロットなどを搭載する 背面のフタを換えることで機能拡張ができる「PODZ」システム
本体背面にフタを外すと、端子部が現われる。miniHDMI出力やmicroUSB端子、microSDカードスロットなどを搭載する背面のフタを換えることで機能拡張ができる「PODZ」システム

 最大の特徴は「PODZ」という拡張システムを採用する点。ION AIR PRO本体の背面フタを換えることで、さまざまな機能を付加できる。

「WiFi PODZ」(左)と標準添付のフタ WiFi PODZの端子部分
「WiFi PODZ」(左)と標準添付のフタWiFi PODZの端子部分
iPadと無線LAN接続しているところ 専用アプリからFacebookにアップロードしたり、メールに添付して送信したりできる
iPadと無線LAN接続しているところ専用アプリからFacebookにアップロードしたり、メールに添付して送信したりできる

 例えば、「WiFi PODZ」を装着することで、iPhoneやiPadと接続でき、専用のアプリを介してFacebookやYouTubeなどに動画/写真をアップロードしたりできる。なお、Android用アプリも今後公開する予定だ。

 また、「ION CLOUD」という専用ストレージサービスを提供し、8GBまでのファイルを無料でバックアップできる。

「WiFi PODZ」と「BATTERY PODZ」の説明。カメラのバッテリーをフル充電できるポータブル充電器も発売予定 リモコンで録画開始や静止画撮影などの操作ができる「Remote PODZ」
「WiFi PODZ」と「BATTERY PODZ」の説明。カメラのバッテリーをフル充電できるポータブル充電器も発売予定リモコンで録画開始や静止画撮影などの操作ができる「Remote PODZ」

 また、「BATTERY PODZ」を装着することで、内蔵バッテリーの稼働時間(通常2.5時間)を1時間ほど延長でき、「Remote PODZ」を使えば最大8台のION AIR PROをワイヤレス(ZIGBEE)で遠隔操作できる。

左が標準セットで、右はヘルメットや自転車への装着用キットを同梱した「ION AIR PRO PLUS」
ION AIR PRO PLUSにWiFi PODZを同梱した「ION AIR PRO WiFi」。右は自転車に装着したところ

 ION AIR PROは標準セット以外に、ヘルメットや自転車への装着用キットを同梱した「ION AIR PRO PLUS」(予想実売価格2万4800円)、ION AIR PRO PLUSにWiFi PODZを同梱した「ION AIR PRO WiFi」(同2万9800円)を用意。これらは標準キットと同時期の発売となる。

 加えて、本体のオプションとして、ヘルメットや自転車への装着用キット「ヘルメット&バイクキット」(4月末発売予定、予想実売価格5980円)、サーフボードなどに据え付けるための「ボードキット」(5月中旬発売予定、価格未定)、WiFi PODZとポータブル充電器をセットにした「エアコネクトキット」(5月中旬発売予定、価格未定)を発売予定だ。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中