このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ【別館】 覆面オススメiPhoneアプリ ― 第6回

iPhoneのカメラで家具のサイズを測る『RoomRuler』

2012年03月21日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

新生活にピッタリ!
家具やベッドのサイズを簡単に測定できる

 卒業シーズンにつづき、早くも新生活のシーズンを迎える。新生活のための住居探しや、家具の購入に追われる人も多いのでは。今回はそんな人向けのアプリをご紹介。iPhoneのカメラ機能で、部屋の窓や家具の寸法を測ることができる『RoomRuler』だ。

RoomRuler App
価格250円 作者CELSYS,Inc.
バージョン1.4.0 ファイル容量3.8 MB
カテゴリーユーティリティ ユーザーの評価(4.0)
対応デバイスiPad 2 Wi-Fi / iPhone 3G / iPhone / iPhone 4 / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPhone 3GS / iPod touch (4th Gen) 対応OSiOS 4.0以降

 本アプリは、まず自分の身長を登録し、それを基準にして比較することで、撮影した対象の寸法を測るというもの。対象をカメラで撮り、寸法を測りたい部分の支点と終点とを指定することで、その部分のおおよその長さが表示される。測ることができるのは、基本的に「床上の長さ」と「床からの高さ」。なお、使用する際にはなるべく平らな部分に立ち、iPhoneを自分の口元まで持ってくる必要がある。また手ぶれには敏感に反応してしまうので、利用には若干の慣れが必要かもしれない。

iPhoneのカメラで撮影するだけで、いろいろなモノの長さを測れてしまう『RoomRuler』

 地味に便利なのが、本アプリで作成した画像にテキストを貼り付けられることと、撮影した画像のメールで送信したりTwitterに投稿できることだ。例えば、お店で見つけた家具にコメントを付けて家族に送ったり、旅先で珍妙なオブジェを見つけた時にその大きさをわかるようにツイートしたり……といった使い方ができる。

カメラで撮影した画像の調べたいところに線を引くだけで、その部分の長さや高さがわかってしまう。単位をフィートに変えることも可能

 いちいちメジャーや定規を使わずとも、iPhoneだけで長さが測れてしまうのが便利。家のスペースや家具のサイズを測っておけば、家具探しのみならず、部屋の模様替えの時にも役立つだろう。

撮影した画像にメモを貼り付けたり、ツイートすることも可能。家族や友人に説明や相談したい、などという場合に役立ちそうだ

ニッシーさん

非リアが集まっているASCII.jp編集部に対し、実は隠れリア充の自分には必要なアプリ。部屋の空きスペースに置ける家具探しがはかどる。

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中