このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新型iPad発売で前日から並んだ恒例行列銀座レポート

2012年03月16日 22時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前日の記事から引き続き、ここでは3月16日に入ってからの様子をお届けしよう。ついうっかり、Xperia acro HDのファーストインプレッション作業をし、あまつさえ、かわいい腕時計(もちろん、自分用)の衝動買いでだいぶ満足していたが、日付変更と同時に前日記事の原稿作成に入り、2時30分くらいに編集氏に送りつけ、行列に復帰。人数を数えてみたところ、70〜80人ほどだった。

 早朝4時時点での人数は、約100人。始発が動くとともに増えるかと思いつつ、周辺をふらふらしていたら、4時10分に新型iPadの店頭ディスプレイ準備が始まった。わらわらと我先にとRetinaディスプレイを見にくる待機列メンバーとともに「うほ、きれい」と言い合っていた。予想通り、iPhone 3GSからiPhone 4へアップデートしたときの感覚に近かった。紙がぺったりと貼りついている印象だ。具体的にいうと、マンガ誌グラビアページと、グラビアに力を入れている雑誌のグラビアページの印刷品質の差とでもいおうか。iPad 2も併売されるので、見え方の違いを店頭で堪能してみてほしい。

4時時点の最後尾。100人ほどだったGIZMODOの人がステッカーを配っていたので、ミーハーを炸裂してもらってきた
もらったステッカーは、イエデンワの受話器にペタり!4時10分あたりに、店頭に新型iPadの実機展示準備が開始され、やや問題があったのか、20分ほどケーブル交換などをしていた
4時くらいまでの最前列。みんな寝てたり、リビングデッド状態だった。筆者は痛化のプロセスルートの正副、予備を準備していた。途中からきつそうだったスクリームさんは姿を消していたが、早朝未明に戻ってきていた

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中