このページの本文へ

白戸家からトリンドル玲奈さんも駆けつけた

ジョブズの思いが込められた新型iPadがついに販売開始

2012年03月16日 12時17分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ついに発売された新型iPad!

 ついに発売された新型iPad。450人以上が日が昇らないうちに集まったアップルストア銀座店以外にも、ソフトバンク銀座では代表取締役の孫正義社長が登壇して記念イベントが開催された。

「さすがアップル。中身が違います。ワクワクしますので、一秒でも早く皆さんにお届けしたいと思います」と、自身を持って紹介した孫社長

 孫社長は、新型iPadについて「本当に綺麗です。一度見てしまうとこの素晴らしさから目を離せません」と、まず新型iPadの目玉でもある2048×1536ドットの解像度に触れた。続いて、クアッドコアを採用したCPUを搭載しているので、解像度が4倍に上がっても描画速度が早いことを説明した。

 また、CMでお馴染みの白戸家からは、トリンドル玲奈さんがゲストとして駆けつけた。トリンドルさんは、「新しいiPadの発売という記念すべき瞬間に皆さまと一緒にいられて嬉しく思っています。私も早く(新型iPadに)触りたいです」と、iPadに対する期待感を語った。

白戸家代表としてイベント会場に駆けつけたトリンドル玲奈さん
孫社長の製品説明を興味深そうに聞いていた
1番最初の購入者には、孫社長自身の手で新型iPadが手渡された埼玉から来たという彼は、なんと15日の22時30分から並んでいたそうだ

 孫社長は「故スティーブ・ジョブズ氏が『iPad2も凄いけど、この次のやつはもっと凄いぞ』と言っていました。この新しいiPadは、スティーブの思いが込められた素晴らしい作品です。彼の思いを大事に楽しんで下さい」と述べ、最初の購入者に手渡した。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中