このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

日本語対応した「Siri」でオトナの限界に挑む!

2012年03月08日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Siriが日本語に対応したから早速遊んでみた!!

 「新しいiPad」の発表に合わせて、日本語版「Siri」も提供が開始された。iOS 5.1にアップグレードすると、iPhone 4Sでのみ利用可能になる。細かいアップデート情報などは、きっとほかのライターさんがやるので、この記事では音声アシスタント機能「Siri」さんと遊んでみたインプレッションをお届けしよう。

 「新しいiPad」でも搭載されるという、だいぶ遊べるというか、ものすごくお利口なSiriさんは、アップルのサイト上のPVもを見てもわかるとおり、メール送信や電話発信といったことは、英語版同様に楽々こなしてくれるのだ。

イントネーションがフリーダムで
認識性能がスゴイ

 まず驚くのは、日本語認識精度の高さだ。多少イントネーションがおかしくても認識してくれるし、「理解できません」というわりには、ちゃんと話した言葉を表示してくれている。たとえば「原稿しろこのクソ虫早くしろ」というのもアッサリと、律儀に字面のいい変換で表示してくれた。ただ話すときはあまり早口だと認識に失敗しやすく、いつもよりちょっと遅めで、文節を明確に区切るとまず失敗はない。ある程度スラスラしゃべってもOKなので、Siriさんと数回お話してみるとコツをつかめるだろう。

 オススメとしては「東京特許許可局」「赤巻紙青巻紙黄巻紙」という早口言葉で試してみると、Siriさんの優秀さが分かるだろう。筆者も認識しないだろうと思っていたら、完璧だったので驚いた。

「iOS 5.1」にアップグレードしたら、まずは「設定」をタップして「Siri」を選ぼう。アップデートしても言語は英語(アメリカ合衆国)のままなので、日本語に変更する。変更には「言語」をタップ。またちょっと「耳にあてて話す」をオフにすると、机の上においた状態でも使用可能になる「言語」画面が開いたら「日本語」をタップ。これで日本語版Siriさんに変更される
いったい何を言わせているんだという感じだが、性能を確認したかったんだ
「東京特許許可局」「赤巻紙青巻紙黄巻紙」「隣の客はよう柿食う客だ」と続けて調子に乗っていたら、Siriさんに「もっと時間を有意義に使いませんか?」と怒られた件について左の写真の続きで、会話も成立した。急にドS様になるから困る

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

MacPeople最新号 2014年2月号

  • 2月号の特集記事
  • 巻頭特集 すべてのユーザーが気になる! ついに出た新Mac Pro
  • 特集1 Mavericks搭載MacBookで作る最強Windowsマシン
  • 特集2 iPhoneデベロッパーがいま考えていること
  • 特集3 Mac & iOSデバイスのセキュリティー鉄板設定
  • 表現力と使いやすさが大幅に向上して「FileMaker」がメジャーアップデート
  • 日本語入力が堅実に進化した 高速レスポンスの「かわせみ2」
  • SSDとハードディスクを融合した話題のハイブリッドストレージを試す
  • iPhoneから遠隔操作で録音できるICレコーダー「Voice-Trek DS-901」
  • 2台のマシンでキーボード/マウスをシームレスに共有できる「REX-KMSU2」
  • より詳しい情報はこちら >>