このページの本文へ

アップル、iTunes新バージョン「10.6」を配信開始

2012年03月08日 07時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、「iTunes」の新バージョン「10.6」の配信を開始した。高解像度(HD/1080p)の映画などをiTunes Storeから再生する機能が追加されている。

「iTunes 10.6」

 また、音楽CDなどから取り込んだ楽曲データ向けのサービス「iTunes Match」に関連した機能が強化された。曲のマッチング機能の向上、アルバムアートワークの処理/ダウンロード/表示の改善、iCloudからの再生時に曲がスキップされる問題が解決されている。

 iTunes Matchは、ユーザーの音楽ライブラリーをスキャンし、音楽CDなどから取り込んだ楽曲データを発見した場合、iTunes Storeに同じものがあれば256kbps AAC/DRMなしのデータに差し替えられ、iCloud経由で提供されるというもの。iTunes Storeで販売されていない楽曲はiCloudにアップロードされて、ユーザーはすべてのデバイスで再生できるようになる。日本では2012年後半にサービスが開始されることが明らかになっている(関連記事)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中