このページの本文へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第54回

~みなさん、Ubuntuに触ったきっかけを教えてください!~

2012年03月08日 16時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Ubuntuって何ですか?

小林:じゃあ、まずは「Ubuntuって何?」からですね。Ubuntuって何でしょう。

hito:デスクトップ部分に限定して説明してもらうのがいいかなぁ。

ミズノ:「デスクトップOS」の一種です。WindowsやMac OS Xと同じようなものですね。

編集I:必要なものはなんでしょう?

ミズノ:お手元のパソコンに、OSとしてインストールして使いますから、パソコンがないといけませんね。

編集I:「OSとして」というのは何でしょう?

ミズノ: 「OSとして」というのは、Windows用のソフトウェアと違って、「Windowsとは別のものとして」インストールする必要がある、ということですね。

編集S:はーい、質問でーす。

ミズノ:なんでしょう編集Sさん。

編集S:なんでWindowsのかわりにインストールして使う必要があるんでしょう?

ミズノ:いい質問ですね。

やまね:どこの池上さんですか。

さかもっちー:ツッコむチャンスがあったら速攻でツッコむ、やまねさんさすがぐにゅぅ……。

ミズノ:とても単純に言うのなら、「Windowsよりも便利だから」ですね。

編集S:どのあたりが便利なんでしょう?

ミズノ:ひとつには、「Windowsと違って、いろいろなソフトウェアを簡単に管理できるから」ということがありますね。他にも、「Windowsではできないことがあるから」というのが大きな理由です。

編集I:なるほど。Ubuntuを入れると、Windowsは使えなくなってしまいますか?

ミズノ:Windowsに対して上書きしてインストールするとそうなります。デュアルブートといって、Windowsと使い分けて使うモードもありますし、Wubiという機能でインストールすると、Windowsはそのままでインストールできます。

あわしろいくや:WindowsにVirtualBoxやVMware Playerのような仮想化ソフトウェアを入れて使うこともできますな。

編集I:試すにはドレがいいんでしょう?

ミズノ:仮想化じゃないかなぁ。Ubuntu関係なく触ってみると面白いと思います。

編集I:なるほど。Ubuntuを使う上で、難しいところはあるでしょうか?

ミズノ:一度インストールしてしまえばWindowsの基本操作とおおむね同じなので難しいところは無いと思っていますが、いろいろと細かく違う部分がありますね。「お作法」に慣れるまでは大変かもしれません。

仮想化の参考になる画像ちょうだい、っていったら某黒幕から出てきた図。仮想マシンなんですかって聞いたらVMware ESXiって言われた。初心者お断りコースにすんなー!

編集I:どうやって慣れていくのがいいのでしょう?

ミズノ:とにかく触ってみる、というのがいいと思います。仮想化なら「壊したらどうしよう」と考える必要もないですし。壊れたと思ったら入れ直せばいいと思います。

編集S:おかしい。ミズノさんが真面目だ。しかもネタが含まれていない。

編集I:(・∀・)ノ■  ←台本

やまね:台本棒読み! そういうのもあるのか!

hito:ふぅ、うまく行った。

編集I:台本執筆お疲れさまです(・∀・)

瀬尾浩史:いやそこ、道場の裏側をバラしてどうするペン。

編集S:あとで焼き土下座な……。

編集I:\(^o^)/□  ←白旗


この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART