このページの本文へ

【速報】アップルが新iPadを16日に発売、解像度はiPad 2の4倍に

2012年03月08日 04時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
噂の新製品はiPadだった

 7日深夜、米アップルは新型のiPadを発表した。日本での発売は3月16日で、価格は4万2800円から。

 画面はiPhone 4Sに採用しているのと同じRetinaディスプレイを使用。解像度は2048×1536ドットで、iPad 2の1024×768ドットから4倍に上がっている。

 あわせてCPUは「A5X」(現在はA5)チップを採用。グラフィック部分をクアッドコア化し、解像度の高い動画やゲームにも堪える仕様になったという。通信面はLTE(4G)に対応した。キャリアは現在、日本ではソフトバンクのみ。

 バッテリー駆動時間はWi-Fi使用時で最長10時間(LTE使用時で9時間)。本体の厚みは9.4ミリ、重量は約652gと、8.8ミリ・約601gのiPad 2に比べてやや厚く、重量がやや重くなったようだ。

 容量は16GB/32GB/64GB。価格はWi-FI版が4万2800円/5万800円/5万8800円、Wi-Fi&LTE版が5万3800円/6万1800円/6万9800円。iPad 2は値下げし、16GBが3万4800円になる。

 内蔵カメラは5メガピクセル。iPhone 4Sと同等のものになり、自動露出/オートフォーカス/顔認識が付いた。フルHD(1080p)での動画撮影もできるようになり、手ぶれ補正機能、ノイズリダクション機能も備える。細かいところでは日本語での音声入力もできるようになった。

 発表にあわせて「iWork」「iMovie」などのメインアプリもアップデートをかけ、新たに「iPhoto for iPad」もリリースした。高解像度の写真に、サクサクと自動補正やトリミングをかけ、共有できることが売り。

 なお、アップルは同時に「Apple TV」の新型、iOSの新バージョン「iOS 5.1」、音声操作システム「Siri 日本語版」も発表した(関連記事)。

 ちなみにブロガーたちの推理によるiPadの「名称はiPad HD説」「7インチ説」「ホームボタンなし説」は、残念ながら真実ではなかった。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中