このページの本文へ

GIGABYTE「GA-H61M-DS2H」

「Ultra Durable 4 Classic」準拠の低価格H61マザーが発売

2012年03月02日 22時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットにH61を採用する安価なmicro ATXマザーボード「GA-H61M-DS2H」がGIGABYTEから発売された。

チップセットにH61を採用する安価なmicro ATXマザーボード「GA-H61M-DS2H」がGIGABYTEから発売

 販売を確認したパソコンショップアークで、価格が4480円とコストパフォーマンスを重視した製品ながら、同社の新品質規格「Ultra Durable 4 Classic」に準拠している。防湿性に優れるPCB基板、静電気やサージに強いICチップ、固体コンデンサーを採用するなど品質にこだわった作りが特徴となる。
 また、メインのUEFIが故障してシステムが起動しなくなった場合でも自動的にバックアップROMから復旧可能な「Dual UEFI」、PC電源がオフの状態でもバスパワー給電が可能な「ON/OFF Charge機能」などGIGABYTE独自機能も備える。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express x1×3。メモリースロットは、DDR3が2本で対応はDDR3-1333/1066/800MHz、最大16GBまで搭載可能。オンボードインターフェースには、ギガビットイーサネット(Realtek/8111F)や8chサウンド(Realtek/ALC887)、SATA2.0×4などを搭載する。なお、I/O部にはHDMIとD-SUBを各1ポート備える。

同社の新品質規格「Ultra Durable 4 Classic」に準拠。低価格ながら品質にこだわった作りが特徴となる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中