このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第240回

冬の日向で5匹の猫を探せ! 

2012年03月02日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
陽差しが気持ちいい階段の上なんかで猫がくつろいでるとこちらもほっとするのであった。晴れた日はよいですな。猫の2~3段下に座ってのんびりと撮影(2012年2月 ソニー NEX-5N)
陽差しが気持ちいい階段の上なんかで猫がくつろいでいると、こちらもほっとするのであった。晴れた日はよいですな。猫の2~3段下に座ってのんびりと撮影(2012年2月 ソニー NEX-5N)

 久しぶりにパァッと晴れると、おお、今日は猫撮影日和だ、と思っちゃう今日この頃である。

 特に冬はそうなのだ。陽差しのぬくもりを求めて「猫が日向にいる率」がメチャ高いのである。警戒心が強い猫は、人の手が届かない日向でぬくぬくと寝てるし、そうじゃない猫はその辺の日向でぬくぬくしてる。

 都内北区のとある公園。台地の上にある神社へ上る階段の途中で、思いきしぬくぬくしている猫を発見(冒頭写真)。この気持ちよさそうなことといったらもう仲間に入りたいくらい。

 公園で暮らしている地域猫。世話にやって来た方にたずねると、全部で5匹いるそうで、5匹全部撮りに挑戦である。

 地域猫といっても誰にでも愛想がいいわけじゃない。当たり前である。人通りが多い場所となれば、猫嫌いの人もいるし、猫を追いかける子供もいるし、猫をいじめる人もいる。

 猫は「食べ物をくれる人なら仲良いフリしてもいいけど、そうじゃないなら近寄りたくない」という都合のいい考えを持ってるので(たぶん)、不用意に近づくと逃げちゃう。猫を撮ろうと思ってしゃがんだり、じーっと見つめたりすると向こうも警戒する。「あいつはおれに興味を持ってないな」と思うと、無頓着に近くを通り過ぎたりするくせに、である。

 そんなときは「音で釣る」。いつも小袋に入った猫用のおやつ(少量パックされたドライフード)を持っているので、それをポケットから出して振ったり手で揉んで音を出してやる。クシャクシャしてやるわけである。

 そうすると人に慣れている猫は、「何かもらえるかな」と思って顔を出すのだ。こんな風に!

奥に見える笹の中からするすると現れた2匹と、後ろから飛び出してきた1匹。威力は絶大。後ろから出てきた猫の目が鋭い(2012年2月 ソニー NEX-5N)
奥に見える笹の中からするすると現れた2匹と、後ろから飛び出してきた1匹。威力は絶大。後ろから出てきた猫の目が鋭い(2012年2月 ソニー NEX-5N)

 いやあ、草むらの奥に隠れているのはわかっていたので、ちょっと離れた場所で音を出したんだけど、そしたらいきなりこれだもの。みんな、ゲンキンすぎ。

 シャッターを押す直前、他の何かに気を取られたのか右の2匹の目線がちょっとずれている。その横から「二列目から飛び出てきた」やつ。

 最初の2匹がちょっと立ち止まったところに、するすると二列目から飛び出してきてこっちへ突進してきたのだ。冒頭の階段であくびしていたヤツですな。

 右手でカメラ、左手で猫餌を持った状態で撮りましたですよ。

カメラのAFが間に合うように、と祈りながらこちらへやってくる姿をゲット。彼の目は私の左手にある小袋にロックオンしております。よく見ると、足先が白い靴下をはいているようで可愛い(2012年2月 ソニー NEX-5N) そして目的のブツをゲット。この小袋には猫のおやつが入っております。他のものではありません。中身はこの猫がおいしくいただきました(2012年2月 ソニー NEX-5N)
カメラのAFが間に合うように、と祈りながらこちらへやってくる姿をゲット。彼の目は私の左手にある小袋にロックオンしております。よく見ると、足先が白い靴下をはいているようで可愛い(2012年2月 ソニー NEX-5N)そして目的のブツをゲット。この小袋には猫のおやつが入っております。他のものではありません。中身はこの猫がおいしくいただきました(2012年2月 ソニー NEX-5N)

 彼は無事、おやつをゲットできました。これ、少量なので猫が食べ残すこともないし、なかなか便利。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART