このページの本文へ

月額3880円からの「EMOBILE LTE」が3月15日から開始に

2012年02月29日 18時53分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・アクセスは、高速通信サービス「EMOBILE LTE」を3月15日から提供開始すると発表した。

 通信方式に「FDD-LTE」を採用し、一部エリアでは下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの高速通信が可能(それ以外は下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbps)。サービスエリアは6月末時点で東名阪主要都市の人口率99%をカバーする予定だ。

Huawei社製の「GL01P」 AnyDATA社製の「GL02P」
Huawei社製の「GL01P」AnyDATA社製の「GL02P」
USBスティックタイプの「GL03D」(Huawei社製)も3月に投入予定だ USBスティックタイプの「GL03D」(Huawei社製)も3月に投入予定だ

 対応端末は、13.5mmの薄型モバイルルーター「Pocket WiFi LTE」(GL01P)と、123gの軽量モバイルルーター「Pocket WiFi LTE」(GL02P)の2機種の発売日が決定。どちらも3000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、連続通信可能時間は約9時間となっている。

 ともに価格は3万9800円で、GL01Pは3月15日、GL02Pは3月27日の発売となる。なお、3月1日よりイー・モバイル取扱店および、イー・モバイル ショップにて予約受付を開始する。

 EMOBILE LTEの月額料金は、基本使用料が1680円+データ通信料3380円(定額)の5060円となる。また、2年間の継続利用を前提とした「にねん」に加入することで基本使用量が500円となり、月額3880円で利用できる。

 さらに、端末購入時の代金を割引く「にねん+アシスト1600」(割引かれる金額は3万8400円)、「にねん+アシスト2900」(同6万6900円)も用意。基本使用料がアシスト1600は2100円、アシスト2900は3400円となるが、「月額割」によってそれぞれ1600円、1300円が月額料金から割り引かれる。データ通信料を合わせた適用後の金額は、アシスト1600が3880円、アシスト2900が5480円となる。

 なお、にねん+アシスト1600に加入した場合、3万8400円からさらに割引となり、3万9800円の端末代が相殺される。

 すでに同社のデータ通信サービスを契約しているユーザーがEMOBILE LTEへ契約変更する場合、契約事務手数料などが無料となる。加えて、にねん+アシスト1600またはにねん+アシスト2900への契約変更の場合、契約解除料を最大1万円割り引くキャンペーンを2012年3月15日より実施する。

 このほか、「故障安心サービス」「EMセキュリティ for Android」「EMセキュリティ」「EM Wi-Fi SPOT」「EMワイドサポート」といったオプションサービスへの同時加入で、これらのサービスの月額使用料を最大2ヵ月無料とする「オプション入っちゃおキャンペーン(LTE)」も3月15日~5月31日まで受け付ける。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART