このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

無線LAN対応でスマホ連携がすごい! スマートVIERA&DIGA

2012年02月15日 17時29分更新

文● ASCII.jp編集部

無線LAN対応の「スマートDIGA」は上の3機種となる
無線LAN対応の「スマートDIGA」は上の3機種となる

 今月7日に突如発表された、パナソニックの「スマートVIERA」と「スマートDIGA」。今回記者向けの説明会が開催されたので、その模様をお伝えする。

55V型という大型の液晶テレビ「DT5」シリーズ。同社はこれまで「42V型以上はプラズマテレビ」という方針だったが、これまで液晶テレビを使っていた人は買い換えの際も液晶を選ぶ、という傾向を考慮し、今回大画面液晶モデルの投入に踏み切った 液晶テレビということで比較的薄いわけだが、それが“スマート”の本当の意味ではない
55V型という大型の液晶テレビ「DT5」シリーズ。同社はこれまで「42V型以上はプラズマテレビ」という方針だったが、これまで液晶テレビを使っていた人は買い換えの際も液晶を選ぶ、という傾向を考慮し、今回大画面液晶モデルの投入に踏み切った液晶テレビということで比較的薄いわけだが、それが“スマート”の本当の意味ではない

 簡単におさらいすると、スマートVIERAはプラズマテレビの「VT5」「GT5」と液晶テレビの「DT5」「ET5」「E5」という5シリーズ、計16機種を3月9日と4月20日の2回に分けて発売予定。

 スマートDIGAは2TB HDD内蔵の最上位機種「DMR-BZT920」を筆頭に、1TB HDD内蔵の「DMR-BZT820」、500GB HDD内蔵の「DMR-BZT720」という3機種を2月20日に発売する。

VIERAにおける“スマート”の定義

 まず“スマート”の意味だが、本体が薄いということではなく、無線LANを内蔵、もしくは無線LANアダプターの装着で対応することで、ネットワーク機能を活用し、映像コンテンツや情報コンテンツをスマートに閲覧できることを表わしている。

 その上で、スマートVIERAはDLNAサーバー機能を搭載するのが特徴。DLNAクライアント機能を搭載する別のテレビやレコーダーなどに(USB HDDに録画した)番組を配信できる。

最上位機種の「VT5」 最上位機種の「VT5」
アンテナケーブルがつながっていないテレビでVT5にアクセス。「チューナー」を選べば現在放送中の番組を視聴できる

 さらに最上位機種の「VT5」シリーズは、現在放送中の番組のストリーム配信および(DTCP-IP対応の)スマートフォンへの映像配信にも対応する。

「ビエラリモート 2.0」でVT5にアクセスしたところ。「VIERA Viewer」という項目を選ぶと番組視聴ができる。ちなみになぜVT5のみスマホ対応かというと、動画の再変換(スマホサイズに変更)が必要だからとのこと

 スマートフォンについては従来の「ビエラリモート」をバージョンアップした「ビエラリモート 2.0」というアプリを2月下旬までに公開予定。従来はリモートコントロールに特化したアプリだったが、2.0ではDLNAで受信した映像の視聴も可能となる。

スマホで表示したウェブページのURLをVIERAにワンタッチで送信。そのページを大画面で表示できる。その逆(VIERA→スマホ)も可能だ

 さらに、スマホに保存された動画や静止画、音楽をVIERAスマートに送信したり、スマホまたはVIERAで表示中のウェブページのURLを相互に転送したりできる。

新しい3Dメガネ。左がアクティブシャッター方式で、右が偏光方式

 3D対応モデルについては、専用メガネが変更となっている。VT5などの上位機種は、従来の赤外線通信式のメガネからBluetooth接続式に変更。また、ミドルクラスの液晶テレビ「ET5」についてはパッシブ偏光板方式となっており、3Dメガネも電源なしで使える偏光タイプになる。

前へ 1 2 次へ

レッツノート 最新ラインナップ