このページの本文へ

COMMELL「MS-C73TXD」

Micro ATXで拡張性も高いモバイルSandy Bridge用マザー

2012年02月11日 23時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイル向けSandy Bridgeに対応するSocket G2マザーボード「MS-C73TXD」がCOMMELLから発売となった。

モバイル向けSandy Bridgeに対応するSocket G2マザーボード「MS-C73TXD」。COMMELL社製の組み込み向けモデルとなる
CPUクーラーはクーラーマスター製のものがあらかじめ付属している

 同製品は、モバイル向けチップセットのIntel QM67 Expressを搭載するMicro ATXフォームファクターのマザーボード。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2、Mini-PCI Express×1、PCIE mini card×1、DDR3 SO DIMM×2(DDR3-1600/1333/1066/800MHz)。
 オンボードインターフェースには、VGA(CPUに統合)やデュアルギガビットイーサネット(Intel/82574L)、サウンド(Realtek/ALC888)、SATA3.0×2、SATA2.0×4などを搭載している。また、I/O部にはシリアルポート×3を備えるなど、工業向けらしい作りになっている。映像出力はD-sub×1のほか、基板上からの26ピンコネクターを使ったDVIの2系統が用意されている。
 価格はパソコンハウス東映で4万1800円だ。

I/O部にはシリアルポート×3を備えるなど工業向けらしい作り。映像出力はD-sub×1のほか、基板上からの26ピンコネクターを使ったDVIの2系統が用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中