このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第237回

「NEX-5N」再び! 今回はマクロでぐぐっと寄ります

2012年02月10日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソファでくつろいでいる「かふか」にぐぐっと近寄って(2012年2月 ソニー NEX-5N)
ソファでくつろいでいる「かふか」にぐぐっと近寄って(2012年2月 ソニー NEX-5N)

 先日、急に新しいデジカメが欲しくなり、ソニーの「NEX-5N」を買ってしまったのである。前モデルはブラックだったので今回はホワイトを。

ソニーのNEX-5N。選んだのはホワイトモデル。大きさと価格と画質のバランスはこれが一番いい。あとはレンズのラインナップだ
ソニーの「NEX-5N」。選んだのはホワイトモデル。大きさと価格と画質のバランスはこれが一番いい。あとはレンズのラインナップだ

 さっと握ってさっと構えたときにしっくりくるかどうか、それはもうその人の手の大きさや構え方や感覚や趣味嗜好によるので一概にはいえないんだけれども、わたしの場合、NEX-5/5Nの形状がぴたっとはまるのだ。

 右手でぶらぶらと持ち歩いて、ぱっと親指でシャッターを押すように持ちかえて、さっとしゃがんで液晶モニターを開いて、猫の目線で撮る。その感じが実にいい。

 詳しくは、昨年秋にこの連載で取り上げているのでそっちを読んでいただくとして。あのときは借り物、今回は私物ってわけですな。

 楽しいので、まずはうちのネコを撮りまくり。じっとにらめっこ(冒頭写真)。

 猫草を買ってきたら一瞬で駆けつけたのであわてて連写で。一心不乱であります。

連写モードにして撮った中の1枚。買ってきたばかりなのでまだ伸びてない草を必死にはむはむしております。なぜこんなに草が好きなのだろう? というくらいに夢中(2012年1月 ソニー NEX-5N)
連写モードにして撮った中の1枚。買ってきたばかりなのでまだ伸びてない草を必死にはむはむしております。なぜこんなに草が好きなのだろう? というくらいに夢中(2012年1月 ソニー NEX-5N)

 高感度に強いのもうれしいところ。暗い部屋だったけど、ISO 6400まで上げて寝姿を。手の出演は「かふか」。

暗い部屋ではISO感度を上げて。さすがにノイズは出るけど不自然さはなくいい感じ(2012年1月 ソニー NEX-5N)
暗い部屋ではISO感度を上げて。さすがにノイズは出るけど不自然さはなくいい感じ(2012年1月 ソニー NEX-5N)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART