このページの本文へ

「CP+2012」開幕! デジカメ大豊作で今年初日から熱い

2012年02月09日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
開場直後の「CP+」入場口。かなりの混雑ぶり
開場直後の「CP+」入場口。かなりの混雑ぶり

 カメラ映像機器工業会(CIPA)が主催する、カメラと写真に関するイベント「CP+ 2012」(CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW 2012)がパシフィコ横浜(神奈川県・みなとみらい)で開幕した。

 会期は12日(日)までで、10日、11日は午前10時~午後5時まで、12日は午前10時~午後4時まで開催している。当日の入場料は1000円。ただし公式ウェブサイトで事前登録すれば入場無料となる。

キヤノンブースでは「PowerShot G1 X」のほか、「EOS-1D X」なども触れる
ニコンブースは「D800」や「D4」などの体験コーナーを設置 富士フイルムの「X-Pro1」体験コーナーには開場直後から長蛇の列が
ニコンブースは「D800」や「D4」などの一眼レフ体験コーナーを設置富士フイルムのミラーレス機「X-Pro1」体験コーナーには開場直後から長蛇の列が
ペンタックスリコーイメージングのブースでは、奇抜デザインのミラーレス機「K-01」や、GXR用の新型レンズユニットなどが体験できる
ソニーブースでは、無線LAN内蔵&非接触充電対応の「サイバーショット DSC-TX300」を体験できる 最新のLUMIXがずらっと並ぶパナソニックブース
ソニーブースでは、無線LAN内蔵&非接触充電対応の「サイバーショット DSC-TX300」を体験できる最新のLUMIXがずらっと並ぶパナソニックブース

 CP+は春にかけて発売される最新デジカメを実際に触って試せる重要なイベント。特に今年はデジカメメーカーがCP+に合わせ、デジタル一眼やミラーレス一眼、コンパクトデジカメなど目玉製品を相次いで発表しており、気になるデジカメを自分の目でチェックできる最速の機会といえる。

 会場の模様などは後ほどレポートする。

テープカットイベントで写真と人のつながりについて、熱い想いを述べる横浜市長の林 文子氏

 ちなみに、今年のCP+の事前登録者数は昨年より1万人ほど多いという。加えて、本イベントは最終日に近づくほど来場者が多くなるという特色があるようだ。みなとみらいという観光地でのイベントのため、お出かけついでに立ち寄る人も多く、特に土曜・日曜が祝日のため混雑も予想される。

 ゆっくり触りたいなら金曜日が狙い目かもしれない。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART