このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

キヤノン史上最高画質の「PowerShot G1 X」を早速チェック!

2012年02月07日 14時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本機能は十分に備わり
実用性の高い機能が充実している

カスタマイズ性もばっちり。背面ストロボ下のショートカットボタンやコマンドダイヤル、コントロールホイールに任意の機能を割り当てることが可能。ステップズームはここでコマンドダイヤルに割り当てることができる

 小さめのボディーにAPS-Cサイズに匹敵する撮像素子を採用し、レンズ交換はできないものの、コンデジなのにデジイチ並の高画質な写真が撮影可能だ。画質も素晴らしく、APS-Cサイズ採用のデジイチと見比べてもまったく遜色がない。EOS用のストロボが使用できる点や14bitでのRAWデータ記録、内蔵NDフィルター搭載など、本格的な使用にも十分に耐えうるようになっている。

 大きな素子を採用はしているものの、使い勝手の面からはやはり「大きなコンデジ」だ。プロユースにも耐え、チョイ撮りから本格的な撮影までこなせる万能機といえる。シーンによってはAFスピードが遅かったり、マクロ撮影に向かないなどの難点はあるが、仕事もこなせるコンデジとしては最高の出来栄えである。

 このままバリエーションとしてもっと広角よりや単焦点レンズ、サイズが多少大きくなってもいいので光学10倍ズームなどを採用した機種が出てくると、より多くの層にアピールできると思われる。

 ちなみに、同じような構成に富士フイルム製の「X100」(実売価格13万円前後)がある。X100はレンズ交換ができないだけで見た目やEVFなど機能的には完全にミラーレス一眼だが、G1 Xは価格的にも見た目にも、言われなければ大きな素子を採用しているようには見えず、完全にコンデジライクだ。

 X100がほぼそのままレンズ交換可能な「X-Pro1」になったように、G1 Xもレンズ交換可能なミラーレスになるとなかなか面白いのではないかと考えてしまう。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART