このページの本文へ

キヤノン史上最高画質の「PowerShot G1 X」を早速チェック!

2012年02月07日 14時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

多彩な撮影モードや機能を備える

 撮影モードはフルオート、プログラムオートをはじめ、絞り/シャッター優先オート、マニュアル、シーンモード、クリエイティブフィルターを備える。

クリエイティブフィルター

ノーマル ジオラマ
ノーマルジオラマ
トイカメラ トイカメラ(寒色)
トイカメラトイカメラ(寒色)
トイカメラ(暖色) モノクロ
トイカメラ(暖色)モノクロ
モノクロ(青) モノクロ(セピア)
モノクロ(青)モノクロ(セピア)
極彩色 オールドポスター
極彩色オールドポスター
ノスタルジック 魚眼 弱
ノスタルジック魚眼 弱
魚眼 中 魚眼 強
魚眼 中魚眼 強

 クリエイティブフィルターは同社の「PowerShot S100」にも備わる機能で、色を変える程度の機能からエフェクトまで備わる。「ジオラマ」ではぼかす位置を上下や左右、縦横など自由に移動可能だ。

クリエイティブフィルターHDR

ノーマル HDR
ノーマルHDR
HDR セピア HDR モノクロ
HDR セピアHDR モノクロ
HDR 極彩色 HDR オールドポスター
HDR 極彩色HDR オールドポスター

 HDRモードでは色効果を追加で設定することが可能だ。HDRモードでの動画撮影では再生スピードを5倍、10倍、20倍で設定することができ、1分の動画をそれぞれ12秒、6秒、3秒で高速再生する機能も備わっている。

i-コントラスト効果

オフ オート
オフオート
200 400
200400

 白飛びを抑えるための「i-コントラスト」の機能では、オート設定とマニュアル設定で200、400と設定でき、効果量を調節することが可能だ。主にハイライト部分の白飛びを抑えることが可能だ。オートよりも200、400のほうが効果量が多くなる。オート時にはさらに暗部補正の機能も使用可能になる。

1軸ではあるが電子水準器を表示する機能が備わっている。左がオート時で右はプログラムオート時
液晶画面に表示できる項目は個別に設定可能だ。オート時にはヒストグラムの表示ができないなど、モード毎に若干表示できる機能が異なるオートモード時にのみ設定可能な「水銀灯補正」機能。水銀灯による色かぶりを補正してくれる

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART