このページの本文へ

楽天、店舗運営システム「RMS」でパートナー制度

文●通販通信

2012年02月06日 08時16分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天は2月3日、同社が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」の出店店舗に提供している、店舗運営システム「RMS」に関して、システムベンダーとのパートナー制度「楽天市場RMSパートナー」をスタートした。

 同社は、RMSについてこれまで「商品検索API」や「商品ランキングAPI」など、一部のAPIについて一般のシステムディベロッパーに公開していたが、今後はこれらのAPIに加え、受注情報の取得・変更・ポイント承認機能を提供する「受注データAPI」、オーソリ取得や売上請求機能を提供する「カード決済API」、在庫情報の取得や変更機能を提供する「在庫データAPI」の3種類のAPIを、認定パートナー限定で公開する。

 同社は、申し込みのあったシステムベンダーについて、開発体制を含めた技術レベルと、提供されるソフトウェアの内容や機能実現方法を審査し、一定の基準を満たしたシステムベンダーをパートナーと認定。認定パートナーに対しては、開発に関する質問に答える専属チームによるサポート、RMSの基本機能を利用できるテスト環境の無償提供、新サービスリリース時の事前開示、開発に必要な各種ドキュメントの提供などを行う。

■「楽天市場RMSパートナー」(http://partner.rakuten.co.jp/ichiba/index.html

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. Google のSNS「Google+」がサービス終了を発表 0
  2. ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める 0
  3. 12分野以上の専門家に無制限で相談できるクラウド顧問サービスを月額3万円で提供地方でも、手軽に複数の専門家からアドバイス 0
  4. 米Microsoft Bing、画像内の家具や洋服を検索可能に ビジュアル技術を活用 0
  5. Google Maps アプリ、お店選びの相談を支援する機能を追加 0
  6. フロントエンドエンジニアが絶対読んでおきたいJavaScript最新記事ベスト10 120
  7. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  8. Web制作者が絶対読みたいHTML & CSSの最新記事ベスト10 58
  9. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  10. 変態的CSSからFlexboxまで!2016年話題になったHTML&CSS記事ベスト20 21
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く