このページの本文へ

Intel「Core i7-3960X Extreme Edition」

C2ステッピングの“Sandy Bridge-E”にリテール版が登場

2012年02月04日 22時37分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製CPU“Sandy Bridge-E”の新ステッピング“C2”となるリテールパッケージ版が発売となった。まずは最上位モデルの「Core i7-3960X Extreme Edition」が登場している。

新ステッピング“C2”となる「Core i7-3960X Extreme Edition」のリテールパッケージ版が本日登場

 C2ステッピングの“Sandy Bridge-E”は、先日一足先にバルク版の販売がスタートしているが、ここにきて単品で販売可能な(他のパーツとセット購入の必要がない)リテールパッケージが発売となった。価格も手頃で売れ筋の下位モデル「Core i7-3930K」のC2ステッピングは未だ発売されていないが、まずは上位モデルからの登場となる。
 なおC1ステッピングからの主な変更点は、ハードウェア仮想化のパフォーマンスを向上させる「Intel VT for Directed I/O」(VT-d)が有効になっているところ。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

C1ステッピングからの主な変更点は、ハードウェア仮想化のパフォーマンスを向上させる「Intel VT for Directed I/O」(VT-d)が有効になっているところだ
価格ショップ
「Core i7-3960X Extreme Edition」
¥82,980ドスパラ パーツ館
¥83,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥84,800ソフマップ秋葉原リユース総合館
PC DIY SHOP FreeT
¥85,980ZOA秋葉原本店

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中