このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第70回

iPad/iPhoneで“ビデオ・オン・デマンド”を楽しむ

2012年01月30日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

急速にスマートフォン対応が進むVODサービス

 最近、映像配信サービスが変わりつつある。これまでPCや専用STBのみを対象にビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスを提供してきた企業が、マルチプラットフォーム展開に本腰を入れ始めたのだ。最近のテレビにはアプリ実行環境を備えたモデルが多く、ソフトウェアアップデートでそれらサービスに対応することもある。アンテナやSTBを設置する手間なしにバリエーション豊富な番組を、しかも好みのデバイスで楽しめるとあれば、いち消費者としては大歓迎だ。

 モバイル環境への対応も急速に進んでいる。今やスマートフォン/タブレットで視聴できるVODサービスは珍しくなく、NTTぷらら運営の「ひかりTV」を視聴できるアプリ「ひかりTVどこでも 」(無料)、また2009年にヤフーが買収した「GyaO!」は、すでにiOS端末(無料)で視聴できる。ドコモが運営する「BeeTV」、NHKの「NHKオンデマンド」は残念ながらAndroidのみだが、スマートフォン対応は果たしている。都合のいい場所/時間に楽しめるのだから、映像コンテンツの楽しみ方そのものを変えていく可能性すらある。

VODサービスが続々とスマートフォンなどモバイル機器対応を進めている(画面は「Hulu」の対応デバイス一覧)

 米国発祥の「Hulu」も、そのようなマルチプラットフォーム展開を進めるVODサービスのひとつ。複数の視聴プランを持つことが多い日本企業とは異なり、STB不要かつ定額ストリーミングのみという点が特徴だ。

 視聴スタイルも割り切りがいい。IP配信のみでSTBは存在せず、日本でのサービス開始当初からiOS端末を含むスマートフォン/タブレットをサポート、数ヵ月後にはPS3とXbox 360にも対応した。現在ではテレビ(現時点ではパナソニック「VIERA」と、ソニー「BRAVIA」の一部モデル)やビデオレコーダー(パナソニック「DIGA」の一部モデル)でも視聴可能となっている。

 特定企業を推奨するわけではないが、このHuluは個人的に重宝している。筆者は、仕事後の息抜きに米国のテレビドラマを観ることが多いため、Huluの品揃えはとても魅力的なのだ。たとえば、現在楽しみにしている「ウォーキング・デッド」の第2シーズンは、(スカパー!などで視聴できる)FOXチャンネルでの配信が始まっていないので、Huluに頼るしかない。もうすぐ「バトルスター・ギャラクティカ」の配信も始まるようだし……やはりコンテンツの充実度は重要だ。

Huluは、ハリウッド映画や米国のTVドラマが多数ラインナップされているので、ファンにとって月額1480円で見放題はかなりおトク
ひかりTV App
価格無料 作者NTT Plala Inc.
バージョン1.2 ファイル容量1.3 MB
カテゴリーエンターテインメント ユーザーの評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 3.2以降
ひかりTVどこでも App
価格無料 作者NTT Plala Inc.
バージョン1.3 ファイル容量1.1 MB
カテゴリーエンターテインメント ユーザーの評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降
GyaO! App
価格無料 作者Yahoo Japan Corp.
バージョン2.5.0 ファイル容量1.0 MB
カテゴリーエンターテインメント ユーザーの評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 3.0以降
Hulu App
価格無料 作者Hulu, LLC
バージョン2.4.2 ファイル容量15.9 MB
カテゴリーエンターテインメント ユーザーの評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中