このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

累計販売台数ナンバーワン! 定番は正義だ!

鉄板Pocket WiFi「GP02」でPS Vitaも快適プレイ

2012年01月05日 18時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

鉄板モバイルルーター「GP02」とPS Vitaをつなげてみた!

 ついにPSPの後継機PS Vitaが発売された。ゲームだけでなく、SNSやPlayStation Networkとの連携、LiveAreaでのホットな情報表示、nearでの位置情報を利用したサービスなどを引っさげた新型携帯ゲーム機だ。

 本体にはSIMカードスロットを備えており、ネットワーク機能を駆使したゲームプレイも予想されているし、現時点でも3G回線を利用した対戦が可能。液晶画面はマルチタッチスクリーン、背面にもマルチタッチパッドを採用しており、いわばスマホ系ゲーム機とでもいうべき一台だ。

 無料アプリには、ニコニコ動画が閲覧できる「ニコニコ」、Twitterクライアント「LiveTweet」など、ソーシャル系サービスへの対応も万全。さっそく通勤通学のお供や、年末年始の帰省旅行などに持参した読者も多いのでは。

モバイルゲーム機に必要なのは安定した回線だ

 さて、ここまでネットワークサービスを多用するガジェットが誕生したとあっては黙っちゃいられないのが筆者(とASCII.jp編集部)。もっともっと使い倒したいぞ! そこで今回は、いま人気のモバイルルーターである、イー・モバイルのPocket WiFi「GP02」との接続に挑戦してみた。

PS Vitaを発売初日にゲットして即開封!! 箱から出したばかりの本体はクリスタルブラックの塗装がまぶしいぜ本末転倒なのだが、PS Vitaゲットのために行列待機しているときこそ、携帯ゲーム機(と安定回線)が欲しくなる。そういえば、ヨドバシAkibaで並んでいるとき、「GP02」とのセット販売を告知していたなあ

 モバイルしながら安定した回線を得る方法としては、ホットスポットなどのWi-Fiサービスか、モバイルルーター持参の2通りが挙げられる。Wi-Fiサービスは駅や空港、カフェなど利用場所が限られるため、意外と不便が多い。

 となれば、やはりモバイルルーターを持ち歩きたくなる。モバイルルーターといえば、おなじみのイー・モバイル製品群が思い浮かぶだろう。現在では携帯主要3キャリアも導入しているが、それ以前からモバイルルーターサービスを展開する老舗だ。ビシネスマンのみならず学生の利用も多く、なんと累計販売台数はナンバーワン*1なのだ。

*1 2009年12月から2011年10月までのGfK Japan「モバイルルーター」部門の通信事業者別期間累計販売数量シェアにおいて(全国の有力家電量販店販売実績を集計)。2011年11月30日現在。イー・アクセス株式会社調べ。

 ちなみにモバイルルーターを使い倒している筆者の場合、使い道はノートPCだけでなく、iPod touchなどのガジェット用、そして自宅利用も多い。複数のガジェットを利用するユーザーには、通信料金をグッと抑える手段としてオススメだったりする。

 よく周りを見てほしい、PS Vitaだけでなく、インターネット通信をすることで花開くガジェットはiPad、iPod touch、Androidタブレットなどじつに膨大。それらを自宅の無線LANだけで使うなんてもったいない。

今回は人気のPocket WiFi「GP02」を使って、PS Vitaの通信機能を試してみよう!

前へ 1 2 3 次へ

ピックアップ