このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

未来を感じさせる最新アプリを一挙紹介

この冬、もっとも注目の“ゲーム機”は「iPad 2」だ

2011年12月21日 22時00分更新

文● 林 信行、動画● 林 信行/広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月、アップル ワールドワイドプロダクトマーケティングiPad担当のスコット・ブロドリック氏が来日し、勢い衰えることのないiOS製品の魅力を紹介した。

 ブロドリック氏は、iPhone/iPod touch/iPadからなるiOSデバイスの出荷が累計2億5000万台を超えており、App Storeで販売しているアプリケーションも50万本以上あること、さらにiPad用に最適化されたアプリが14万本あることを紹介し、この冬の注目作品をいくつか紹介した。

「Newsstand」に“雑誌”が並び始めた

 今秋リリースされたばかりの「iOS 5」から、新たに「Newsstand」という機能が追加された。従来のiOS用電子雑誌は、ゲームや実用ソフトと同様のアプリ扱いになっており、新聞や雑誌を購読する度にホーム画面にアイコンが増えていた。一般的なアプリと一緒にフォルダー仕分けで整理をすることも可能だが、そうすると新着の号があってもそれが目立たない。そこでアップルはNewsstandという新聞や雑誌だけを並べる特別な場所を用意し、その上で新着の号があることなどを知らせられるようにした。

 当初、この機能に対応した新聞/雑誌は米国のメディアが中心だったが、最近になって着実に日本語のものも数が増えてきた。たとえば、小学館の「DIME」(無料/アプリ内課金)や電通「料理通信」(無料/アプリ内課金)だ。

小学館の「DIME」電通「料理通信」

 またブロドリック氏は、紙の雑誌を電子化しただけのものが多い中、アニメーション効果などに気を配り新しい試みをしている雑誌があるとして、アメリカのカリスマ主婦、マーサ・スチュワート氏によるライフスタイル雑誌「Martha Stewart Living Magazine for iPad」(無料/アプリ内課金)のクリスマス特集号を紹介。表紙だけでなく本編の中にも可愛らしいアニメーションが散りばめられた必見の一冊となっていた。

アメリカのカリスマ主婦、マーサ・スチュワート氏によるライフスタイル雑誌、「Martha Stewart Living Magazine for iPad」クリスマス特集号
DIME App
価格無料(アプリ内課金) 作者小学館
バージョン1.0.1 ファイル容量3.6 MB
カテゴリーライフスタイル ユーザーの評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降
料理通信 App
価格無料(アプリ内課金) 作者電通
バージョン1.3 ファイル容量3.6 MB
カテゴリーブック ユーザーの評価(3.0)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降
Martha Stewart Living Magazine for iPad App
価格無料(アプリ内課金) 作者Martha Stewart Living Omnimedia
バージョン2.0 ファイル容量6.0 MB
カテゴリーライフスタイル ユーザーの評価(3.0)
対応デバイスiPadシリーズ 対応OSiOS 3.2以降

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中