このページの本文へ

PS Vitaの操作性やソフト面をチェック第1回

「PS Vita」がついに発売! 渋谷TSUTAYAで発売イベント

2011年12月17日 10時09分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
午前6時の段階で、並んでいる人は50名前後。最終的に7時の販売開始直前の集計で130名前後となっていた

 3G回線搭載のゲーム機「PlayStation Vita」(以下:PS Vita)が、2011年12月17日に発売を迎えた。発売日には、東京・SHIBUYA TSUTAYAで発売カウントダウンイベントが、ソニー・コンピューターエンタテインメント代表取締役会長 平井一夫氏、同代表取締役社長兼CEO アンドリュー・ハウス氏の2人が出席して行なわれた。

 PS Vitaは、PSPの後継機にあたるポータブルゲーム機で、携帯電話回線が使える3G/Wi-Fiモデルと、無線LANのみのWi-Fiモデルの2つのタイプが用意されているほか、背面タッチパネルなど、これまでのゲームにはなかった新しいプレイスタイルを提案する期待の新ハード。詳細なスペックについては、今年9月に行なわれた「SCEJ Press Conference」の模様をレポートしたこちらの記事を参照していただくとして、この日のカウントダウンイベントの様子をお伝えしていこう。

 カウントダウンイベントは、6時45分と早朝に行なわれたにもかかわらず、現場には前日の夜から並んだ人を含め、100名以上が新ハードをいち早く手にしようと並んでいた。
 ソニー・コンピューターエンタテインメントによると、発売直前の6時55分の段階で同店には、カウントダウンイベントの参加者70人を含め合計130人もの人が集まったとのこと。

カウントダウンイベントに参加できたのは70名

 カウントダウンイベントの冒頭に登場した、アンドリュー・ハウス氏は「究極のポータブルエンタテイメントシステムとして徹底的に拘った結果が形になった製品」と、PS Vitaを紹介。
 アンドリュー・ハウス氏のスピーチに続いてステージ上に登場した平井一夫氏は、「PS Vitaは、本当に私たちが究極のポータブルエンタテインメントシステムはどうあるべきかを議論を重ねて開発した商品です。みなさんにさまざまな遊び方をこれからも提案していきたいと思っています」と、同製品で新しい遊びのあり方を提案しようという意気込みを述べた。

ソニー・コンピューターエンタテインメント代表取締役会長 平井一夫氏ソニー・コンピューターエンタテインメント代表取締役社長兼CEO アンドリュー・ハウス氏

 7時の販売開始の5分前からスクリーンでカウントダウンムービーが流れはじめ、10秒前からは、会場にいる全員でコール。そして2011年12月17日午前7時にPS Vitaは発売を迎えた。

カウントダウン映像は、2011年1月27日の発表の模様を振り返るところからスタート。午前7時には拍手の音で会場は包まれた
昨夜の19時から並んだ先頭の男性に、アンドリュー・ハウス氏からPS Vitaが手渡される

 ちなみに先頭に並んでいた男性は、前日の19時に渋谷に入っていたということで、並んだ時間は12時間。世界で初めてPS Vitaを購入した感想を聞かれると「緊張と寒さ、疲れ、眠気で頭が真っ白です」と、手にするまでの苦労がにじみ出る感想を述べた。ちなみに先頭の男性が購入したのはWi-Fiモデルと32GBのVita専用メモリーカード。ソフトは「みんなのGOLF6」「アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-」「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」「RIDGE RACER」「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンスHD」の5タイトル。残念ながらこのあとはお仕事ということで、開封できるのは夜になってしまうとのこと。一番初めにどのタイトルから遊ぼうと思っているかも聞いてみたところ「まずは、PS Vitaがどんなハードなのか、ソフトを入れずにいろいろと弄ってみます」と、硬派な話を聞くことができた。

カウントダウンイベント終了すると、本格的に販売がスタート。SHIBUYA TSUTAYAのキャッシャーはフル稼働となっていた

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社