このページの本文へ

米Yahoo!、Search BOSSを刷新、3つの検索ソリューションを発表

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2011年12月16日 01時44分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Yahoo!は2011年12月7日、Search BOSS(Build Your Own Search Service)の新しいウェブサイトを公開すると同時に、3つの検索ソリューション - BOSS Hosted Search, BOSS Site Search, BOSS Shortcutsを発表した。BOSS Hosted Search 及び BOSS Site Search は同日よりグローバルで提供を開始、BOSS Shortcutsは米国、カナダ、インド、英国での提供となる。

Yahoo! Search BOSSは同社の保有(当時)する検索インフラストラクチャをサードパーティーに解放し、各社が自由に独自の検索サービスを構築することを目指して2008年7月に発表された。その後、Yahoo!はMicrosoftと提携し、検索技術がBingにリプレイスされたことからBOSSの存続が危ぶまれたが、BOSSは引き続き提供していくことが発表されていた。

BOSS Hosted Searchは自社ブランドを冠したウェブ検索サービスを提供するためのもので、無料で利用可能。利用者は検索結果画面のルック&フィールを自由にカスタマイズすることが可能で、数行のJavaScriptコードを貼り付けるだけで利用できる。検索結果には検索広告が表示され、その収益の一部を受け取ることができる。BOSS Hosted SearchはGoogleカスタム検索に相当するサービスの位置づけだが、検索結果に自社ロゴを入れられる点、ルック&フィールといった一連のUIをカスタマイズできる点で優れているとしている。

BOSS Site Searchはいわゆるサイト内検索のソリューション。導入するサイトのコンテンツをインデックスし、検索クエリに合致したウェブページを探し出すサイト内検索をユーザーに提供できるようになる。プライベートアルファプログラムとして提供される。検索結果への検索広告掲載はオプションで指定できること、導入するサイトのコンテンツをインデックスすることなどがHosted Searchとの違い。

BOSS ShortcutsはContextual Searchと呼ばれるもので、コンテンツを分析して自動的に関連するキーワードをピックアップする。ユーザーはその閲覧しているコンテンツと関連性が高いウェブページの一覧を見ることができる。


Yahoo! BOSS(Build Your Own Search Service)
http://boss.yahoo.com/

BOSS Hosted Search
http://boss.yahoo.com/hosted-web-search

BOSS Site Search
http://boss.yahoo.com/site-search

BOSS Shortcuts
http://developer.yahoo.com/search/boss/

Meet The New BOSS: Yahoo! Search launches a new home for Search BOSS and three new offerings
http://www.ysearchblog.com/2011/12/07/meet-the-new-boss/

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 問い合わせが来る採用サイトのポイントとは 2
  2. Sketch使いなら試してみたい!UIデザインツールへ進化した「Framer」とは? 1
  3. 広告運用担当者が2018年に押さえておきたい、3つの変化 1
  4. Web担当者が知っておきたい、「読んでもらう」ための写真素材の選び方 1
  5. 開発者のやりとりも捗る!プロトタイピングツール「InVision」って何? 1
  6. なぜいまさら「ブログ」なの?KDDIウェブに聞く新サービスの狙い 219
  7. 全部知ってる?今後のサイト制作で押さえたいCSSの最新プロパティ9選 161
  8. フロントエンドエンジニアが絶対読んでおきたいJavaScript最新記事ベスト10 119
  9. ブラウザーだけでWatsonが使える!人工知能アプリの作り方 92
  10. ビジネスサイト運営が捗る!WordPress厳選プラグイン10+1 80
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く