このページの本文へ

Android対応の変換アダプターが付属した有線キーボードが発売

2011年12月15日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローコクヨサプライから、Android 3.1以降のタブレットPC/スマートフォンで使用可能な変換アダプターが付属する有線キーボード「BSKBUM02ENBK」が発売された。

一見何の変哲もない英語キーボード「BSKBUM02ENBK」。Android用にUSB microB変換アダプターが付属するのが特徴

 BSKBUM02ENBKの見た目は通常の104キー+3ホットキーの英語配列キーボードだが、特筆すべきはAndroid対応をうたうUSB microB変換アダプターを付属する点。こののアダプターを介してAndroid端末に接続するだけで、スマホ用のキーボードとして利用できる。

 タブレットPC/スマートフォンでは標準となる英語配列を採用するので、記号部分も表記通りに入力が可能。ただし、USBホスト機能を持たない端末では使用できないので注意が必要だ。

使い方はアダプターを接続するだけと簡単。ただしホットキーはPC使用時にしか使えない

 主な仕様はキーピッチ19mm、キーストローク2.5mmのメンブレン方式で、配列は104キー+3ホットキーの英語配列。サイズは幅444×奥行き145×高さ42mmで、重量は525g、ケーブル長は約1.3m。また、Android端末で使用する場合はAndroid 3.1以降のバージョンが必要となる。なお、誤って水をこぼした時などに有用な排水口も搭載する(防水加工ではない)。クレバリー2号店で980円で発売中だ。

安価ながら排水機能を装備。価格はキーボードのみ版と比べても10円しか変わらない

 ちなみに、ショップスタッフ曰く「キーボードやアダプターに特別なチップが入っているわけではない」とのことなので、同じようなアダプターを用意すればお気に入りの有線キーボードをAndroid端末で使用することができるかもしれない。本製品の価格もケーブル代として考えてもよい金額だろう。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン