このページの本文へ

バイドゥ、IMEの「Simeji」を取得しスマホ市場に殴り込み!

2011年12月13日 16時04分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイドゥ、Simejiを武器に日本市場のシェア拡大を狙う

 バイドゥ(百度)は13日、Androidユーザーにはおなじみの日本語入力システム「Simeji」に関するすべての権利を取得したと発表した。

 現在バイドゥは世界の検索市場において第2位の利用実績を記録しているが、日本で浸透しているとはまだ言いがたい。そこで、Androidアプリの中でも180万人に利用されている日本語入力「Simeji」を取得し、日本市場でのシェア拡大を狙う。

 Baidu,Inc. CEO補佐兼バイドゥ代表取締役社長のアラン・ザン氏は今回の事業取得について「日本はBaidu Inc.のグローバル化における最初の市場であり、最も重要な市場でもあります。今年の5月にPC向け日本語入力システムの『Baidu IME』をリリースいたしましたが、180万人の方々にご利用いただいています。今回の事業取得により、日本のユーザーの皆様にとってより利便性が高く、革新的なIMEサービスを提供できるでしょう」と述べた。

Baidu,Inc. CEO補佐兼バイドゥ代表取締役社長 アラン・ザン氏Baidu,Inc.駐日主席代表兼バイドゥ代表取締役副社長 陳 海騰氏

 また、Simeji開発者の足立昌彦氏はこの事業取得を機にバイドゥへ入社することになった。「バイドゥは技術者をとても大事にしているし、チャレンジングな環境なので、これからが楽しみです。また、検索サービスを提供するだけでなく、入力や変換に関する技術とノウハウもある。この新たな場所でSimejiはさらに大きく成長していくと信じています」と、意気込みを語った。Simejiのデザインを担当する矢野りん氏も足立氏とともにバイドゥに入社する。

Simeji開発者 足立昌彦氏Simejiデザイナー 矢野りん氏

 バイドゥは今後、SimejiとBaidu IMEの企画や開発、マーケティングを一元化し、ユーザーにとってより一層利便性の高いサービスを提供していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART