このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第229回

猫があふれる染井の小さな広場

2011年12月09日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
おなかにも日光を! とばかりに寝転がる黒猫。一瞬なので、高速連写モードで狙うべし(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
おなかにも日光を! とばかりに寝転がる黒猫。一瞬なので、高速連写モードで狙うべし(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

 前回の続き。そもそも、染井の小さな広場に猫だまりがあると聞いたのがはじまりだった染井猫散歩。

 iPhoneでGoogleマップを見ながらたどり着いた小さな広場。ほんとに小さな広場なんだけど、ひょいと覗いたら、いきなり「にゃあ」とお出迎え。びっくり。

 数えてみたら、全部で6匹。兄弟らしき猫もいれば、今年生まれたっぽいまだ若い猫もいる。

全6匹が1枚に収まるタイミングを見計らって撮ってみた。2ペアと黒とグレーって感じ。グレー猫は少し離れ気味(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
全6匹が1枚に収まるタイミングを見計らって撮ってみた。2ペアと黒とグレーって感じ。グレー猫は少し離れ気味(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

 みんな思い思いの場所でふらふらしているので、広場の角っこにカメラバッグを置いて撮影準備しようと腰を下ろしたら、すすすっと近づいてくる猫あり。

 今回、一番人なつこかったヤツだ。素直に撫でられてくれるし、人を全然怖がらない。

 白黒じゃなくてグレーと白のツートーンってとこもなんとなく優しげ。よく見ると左耳の先が欠けてる。避妊手術をしたという印だ。地域猫として可愛がられているのだろう。

貫禄の出てくるお年頃のグレー猫。耳の切り欠きは去勢の印。足元に来てちょこんと座って、ほかの猫たちが遊んでいても我関せずと決め込む(2011年11月 フジフィルム X10)
貫禄の出てくるお年頃のグレー猫。耳の切り欠きは去勢の印。足元に来てちょこんと座って、ほかの猫たちが遊んでいても我関せずと決め込む(2011年11月 フジフィルム X10)

 ほかの猫たちは、餌をくれるならもらうけど撫でられるのは勘弁、という風で、つかず離れず、昼寝したり遊んだり人が来たら逃げたり隠れたりしている。

 猫散歩につきものの猫おやつは当然いくらか持ってきてたので、あげてみると、つつつっと寄ってきて仲良かったり喧嘩したりしながらペロり。

 ちゃんと並んでいるとこが面白い。一番手前の子だけが満足、と。

3匹(とちょっと離れて1匹)が並んでいるの図。手前の子だけ満足げな顔でペロり。日陰は思ったより暗いけど、こういう瞬間を撮るにはシャッタースピードは1/250秒以上にしたい。よってISO感度を上げちゃうべし(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
3匹(とちょっと離れて1匹)が並んでいるの図。手前の子だけ満足げな顔でペロり。日陰は思ったより暗いけど、こういう瞬間を撮るにはシャッタースピードは1/250秒以上にしたい。よってISO感度を上げちゃうべし(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART