このページの本文へ

国内激安スマートフォン文化が本格開花か!

日本通信、イオン限定の「月980円」プランで音声通話も可に

2011年12月08日 16時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イオンと日本通信は、スーパーマーケット「イオン」の店頭限定で展開している3Gデータ通信サービス「月額定額980円」に、音声通話も可能なプラン「b-mobile SIM [イオン専用](音声通話付データ通信パッケージ)」を追加。12月10日から、全国のイオン208店舗で販売を開始する。

 「月額定額980円」は今年6月にスタートしたサービスで、ドコモのFOMA網を利用したデータ通信が利用できるSIMが提供されるものだ。現在は通信速度の違いで3つのプランが用意されている。

  通信速度
(ベストエフォート)
月額料金
プランA 100kbps 980円
プランB 400kbps 2980円
プランC Mbps 4980円

 今回登場した「音声通話付データ通信パッケージ」では、上記プランを、3タイプの音声通話プランとを自由に組み合わせて利用できる。

  月額基本料 無料通話分 超過通話料
プランS 1290円 1365円分
(最大32.5分相当)
21円/30秒
プランM 2100円 2835円分
(最大75分相当)
18.9円/30秒
プランL 3675円 5250円分
(最大178.6分相当)
14.7円/30秒

 契約時にはSIMパッケージ料金として3150円が必要である。「音声通話付データ通信パッケージ」は基本的に1ヵ月単位の契約で、プランの変更も月単位で可能。ただし、1年以内に解約する場合は1万500円の解約金が必要となる(1年経過後は解約金は不要)。

 なお、他キャリアからのMNPによる転入も可能。また、現在イオン専用のデータ通信サービスに加入しているユーザーの場合は一旦解約してからの契約になり、前述したSIMパッケージ料金の3150円は再度必要とのことだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART