このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

アップル フィル・シラー上級副社長インタビュー

なぜ「iOS」機器だけが、人々の暮らしに変化をもたらすのか?

2011年12月08日 12時00分更新

文● 林 信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップル ワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアVP、フィル・シラー氏にとって、毎年この時期に日本を訪問し、過去1年間の製品を振り返るインタビューに答えるのが習慣となっている。筆者の過去のインタビューはITmediaで読むことができるが(関連リンク1関連リンク2)、今年のインタビューはASCII.jpでお届けすることになった。大躍進を続けるアップルの製品が、今まさに世界をどう変えつつあるのかを聞いた。

アップル ワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアVP フィル・シラー氏

ハード、ソフトに加えクラウドを統合

 シラー氏は、まず応接室にきれいに並べられたアップルの最新製品をひとつひとつ指差しながら、MacBook Air、iPod shuffle、iPod nano、iPod touch、iPhone 4S、iPad 2といった今年の製品ラインアップでアップルが何を成し遂げてきたかを振り返った。

 「Macはこの十数年でもっとも好調だ。iMacなどが非常に人気だが、ノート型製品の人気はさらに高い。その中でもMacBook Airは別格だ。どうやら我々は、世界中のユーザーの“ツボ”を押さえた製品を発明してしまったみたいだ。今では世界中のパソコンメーカーが、その後に続けとばかりに躍起になっている。Mac全体の売れ行きの伸び率はパソコン業界全体の平均と比べて9倍以上となっており、ここ日本での人気も非常に高い」。

MacBook Airの11インチモデル(左)と13インチモデル(右)

 iPodシリーズも一新した。低価格が魅力のiPod shuffleは、相変わらずもっとも手頃な“ウェアラブルiPod”として人気を呼んでいる。iPod nanoは、他社のアクセサリーを併用して腕時計の代わりに腕にはめて使うスタイルが新たに広がった。

iPodファミリー。左からiPod shuffle、iPod nano、iPod touch

 「しかし、こうしたiPodの中でも特に好調な製品が、もっとも手頃にiOSアプリを楽しめるiPod touchで、クリスマスや新年のギフトとしても人気」だと言う。

 「iPhone 4Sも、いまだに大人気が続いているが、まだ発売からたったの2ヵ月が経過しただけで、今まさにほかの国に発売を広げている途上の段階。まだまだ、これから本番が始まる製品」だという。

iPhone 4S(ホワイト)

 同様に、「まったく新しいカテゴリーを築いたiPad 2も、まだまだ始まったばかりの製品だが、すでに大成功を収めている。多くの会社がその後追い製品を出そうとしているが、同じような人気を博すことはできずにいる」と続けた。

iPad 2(ホワイト)

 「自慢に思えるのが、これらすべての商品が、それぞれの製品カテゴリーの中で『人気ナンバー1製品』の座を獲得していることだ。携帯電話でいえば、現在のiPhone 4Sが発売されるまではiPhone 4が人気ナンバー1の機種で、それを4Sが置き換える形といった具合で、世の中からそれだけ高い評価を得続けられていることは、誇らしい」と明かした。

 「全商品の中でも特に人気のiPod touch、iPhone 4S、そしてiPad 2は、すべて同じiOSで動いており、相互の連携が可能だ。iOS機器はすでに世界で2億5000万台出荷する巨大プラットフォームになっている。AppStoreで発売されているアプリケーションは50万本に達しており、累計ダウンロードは180億を超える」。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中