このページの本文へ

CoolerMaster「CM Storm Trooper」

本格派ゲーミングPCケース「CM Storm Trooper」が誕生

2011年11月25日 22時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターのゲーミングブランド「CM Storm」シリーズから、ハイエンドフルタワーPCケース「CM Storm Trooper」が発売となった。

クーラーマスターのゲーミングブランド「CM Storm」シリーズから、ハイエンドフルタワーPCケース「CM Storm Trooper」が発売

 豊富な拡張性と冷却性能の高さを特徴とする本格派のフルタワーPCケースの新モデル。通気性を重視したフロントベゼルメッシュ仕様の5インチオープンベイは全9基。3.5インチシャドウベイは8基で、そのうち5インチベイ3基を占有する専用ドライブベイモジュールは着脱式を採用している。そのHDDベイモジュールには120mmファンを2基搭載しているが、HDDベイモジュールの設置方向を変えればファンの方向も変えられるユニークなギミックも。使用環境に合わせてエアフローを変更できる。
 また2.5インチシャドウベイが豊富に用意されている点もポイント。トップ部に専用のスロットインタイプ(SATA)の「X-dock」が装備されるほか、3.5インチシャドウベイと共有で8基。底面には4基分の専用搭載スペースも確保されている。

内部の様子。HDDベイモジュールの設置方向を変えればファンの方向も変えることができるというユニークなギミックも。拡張カードスペースは奥行き322mmまで、CPUクーラースペースは、高さ186mmまでサポートされる
冷却機構も豊富。標準でフロント120mm吸気ファン(Red LED/1200rpm/17dBA)×2に加え、リア140mm×1(1200rpm/18dBA、120mm換装可能)×1、トップ200mm×1(1000rpm/23dBA、140mm×2または120mm×2へ換装可能)を備える
価格2万円の本格派ゲーマー向けPCケース。対応フォームファクターは、XL-ATX、ATX、MicroATXであらゆるニーズに対応する

 冷却機構は、標準でフロント120mm吸気ファン(Red LED/1200rpm/17dBA)×2に加え、リア140mm×1(1200rpm/18dBA、120mm換装可能)×1、トップ200mm×1(1000rpm/23dBA、140mm×2または120mm×2へ換装可能)、オプションでボトム部120mm×2、左側面120mm×2が搭載可能。また、キャリングハンドル部分には4chファンコントローラーも装備される。
 その他、マルチグラフィック構成に対応する拡張スロット9段(+1段:縦配列)、上面および底面にはメンテナンスを容易にする着脱可能なダストフィルター、水冷ホース用穴、CPUクーラーメンテナンスホールなどを装備。フロントポートには、USB 3.0×2、USB 2.0/1.1×2、eSATA×1、ヘッドフォン×1、マイク×1を備える。
 対応フォームファクターは、XL-ATX、ATX、MicroATXで、拡張カードスペースは奥行き322mmまで、CPUクーラースペースは、高さ186mmまでサポート。全体サイズは、250(W)×578(D)×605.6(H)mm、重量は約13.7kg。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

専用のスロットインタイプ(SATA)の「X-dock」が装備されるほか、フロントポートにはUSB 3.0×2、USB 2.0/1.1×2、eSATA×1、ヘッドフォン×1、マイク×1を備える
価格ショップ
「CM Storm Trooper」
¥19,800パソコンショップアーク
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
フェイス秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中