このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

大河原克行が斬る「日本のIT業界」第28回

ハードとソリューション。クラウド時代を見据えた戦略

Macの修理を支える、老舗保守ベンダーが持つ“2つの強み”

2011年12月01日 09時00分更新

文● 大河原 克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple正規サービスプロバイダとは何か

 

 アップル製品の修理は、アップルストアに持ち込まなくても、純正部品を利用した正規の修理サービスが受けられることを知っているだろうか。

 実は、アップルには、Apple正規サービスプロバイダという制度があり、この認定パートナーであれば、アップルの純正部品を使用して修理を行ない、しかも、メーカー保証期間内であればメーカーの修理規約に準じた無償修理を実施。メーカー修理と同等の技術やサービスを提供しているのだ。

ウチダエスコ本社Apple正規サービスプロバイダ

 また、量販店で展開するAppleショップなどの場合でも、店頭で修理受付を行なったのちに、実際の修理は、これらのApple正規サービスプロバイダに委託して修理を行ない、正規サポートを行なっている例もある。

 つまり、Apple正規サービスプロバイダは、アップル製品の修理体制を陰から支えている重要な存在だといえる。コンシューマーユーザー、企業ユーザーにアップル製品が広がるにつれて、Apple正規サービスプロバイダの取り組みもますます重視されている。

 Apple正規サービスプロバイダの1社として、22年間に渡りアップル製品の保守や修理を行なってきたのがウチダエスコである。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ