このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第64回

さりげなく強化されたiPhone 4Sの位置情報機能

2011年11月25日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

iPhone 4Sの位置情報機能は「GLONASS」に対応

 iPhone 4Sは、その「さりげなさ」が魅力だ。大々的にアピールされた「Siri」と、高画素化され1080pビデオの撮影も可能になったカメラ機能は別格としても、デュアルコアの「A5」採用によるパフォーマンス向上や、AirPlayミラーリングが可能になるなど、そういえば……という改良点が多い。

 あまりメディアでは取りあげられていないようだが、位置情報機能も強化されている。iPhoneに搭載のGPSは、測位のために基地局などとネットワークで通信するAssisted GPS(A-GPS)だが、iPhone 4Sではさらに「GLONASS」(GLObalnaya NAvigazionnaya Sputnikovaya Sistema、英訳は「Global Navigation Satellite System」)に対応した。簡単にいえば、さらに測位能力がアップしているのだ。

iPhotoで位置情報付きの写真を表示したところ。撮影地点はできるだけ正確なほうがいい

 GLONASSは、ロシアの人工衛星を利用する測位システム。ソ連時代の1976年に軍事目的で開発がスタート、1996年までに計24基の人工衛星を打ち上げた。その後のロシア経済の混乱により、数年ほど放置に近い状態だったが、今ではシステムが回復し、2011年現在は計28基が運用されている。

 ロシアは2007年、GLONASSシステムの民間用測位信号を開放し、ロシアのみならず外国人にも無料/無制限での利用を認めた。GLONASSは北半球の測位に適した軌道上にあるため、日本人にとっても利用価値が高い。iPhone 4Sは、その信号を位置情報の測定に活用できるのだ。

 GPS衛星は、地球上のどこにいても常に4基以上の衛星を補足できるよう、6つの軌道上に31基が配備されている。そこに23基のGLONASS衛星(11月23日現在、運用中の衛星数としては30基)が加わるのだから、iPhone 4Sの測位機能のほうがiPhone 4より高精度、という仮説が成り立つわけだ。

GLONASSの情報サイトに掲載された、衛星の現在位置

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中