このページの本文へ

AQUOS PHONE SH-01Dも同時にスタート

Android 4.0スマホ「GALAXY NEXUS」は23日から予約開始

2011年11月18日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、11月23日から「GALAXY NEXUS SC-04D」「AQUOS PHONE SH-01D」のスマートフォン2機種の予約を開始する。発売日はGALAXY NEXUS SC-04Dは12月上旬、AQUOS PHONE SH-01Dは12月2日を予定している。

Android 4.0をとにかく早く触りたいなら
「GALAXY NEXUS」

 まず、GALAXY NEXUS SC-04Dは、10月に発表されたAndroid 4.0を搭載する初の端末だ。Androidでは、新プラットフォームのリリースと実際の搭載端末には若干のタイムラグがあるが、GALAXY NEXUSはグーグルとサムスン電子による開発のベースとなった端末であるため、一足先に登場するわけだ。Android 4.0による新しいスマートフォン世界を体験したい人にオススメだ。

 CPUはTi製「OMAP 4460 1.2GHz」(デュアルコア)で、ディスプレーは4.7型有機EL(HD Super AMOLED)と大型。画面解像度も720×1280ドットと高い。

とにかく早くAndroid 4.0の世界を体験したいなら、本機を選ぶしかない
Android 4.0を搭載するだけでなく、緩やかに弧を描いたボディーなどハード面も魅力的。右写真はGALAXY S II(右)と比較したもの。4.7型ディスプレーを用いるため、大型だ

3Gモデルのシャープ製ハイエンド機
「AQUOS PHONE SH-01D」

 一方のAQUOS PHONE SH-01Dは、裸眼3Dに対応した4.5型液晶(画面解像度は720×1280ドット)を搭載する、Xi非対応モデルの中ではハイエンドクラスとなるモデル。CPUはこちらもデュアルコアのTi製「OMAP 4430 1GHz」で、カメラも約1210万画素とハイスペックだ。

 国内メーカー製端末らしく、FeliCa/ワンセグ/赤外線/防水・防塵対応とほぼフルスペックでもある。

「BLUE」の筐体が美しい。3Gのみのモデルだが、スペック的には文句なし
  GALAXY NEXUS SC-04D AQUOS PHONE SH-01D
メーカー サムスン電子 シャープ
ディスプレー 4.7型有機EL 4.5型液晶(3D対応)
画面解像度 720×1280ドット 720×1280ドット
サイズ 68×136×8.8mm
(最厚部11.5mm)
65×128×9.7mm
(最厚部11.2mm)
重量 約135g 約137g
CPU Ti OMAP 4460 1.2GHz
(デュアルコア)
Ti OMAP 4430 1GHz
(デュアルコア)
OS Android 4.0 Android 2.3
Xi対応 × ×
3G最大通信速度(下り/上り) 14Mbps/5.7Mbps 14Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約510万画素CMOS
/イン:130万画素CMOS
リア:約1210万画素CMOS
/イン:32万画素CMOS
バッテリー容量 1730mAh 1520mAh
テザリング
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 × ○(防塵対応)
Qi × ×
miniUIM ×
連続待受時間 未定 約430時間
連続通話時間 未定 約280分
カラバリ Titan Silver BLUE、BLACK、WHITE
発売時期 12月上旬 12月2日

NTTドコモの情報はこちら


カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART