このページの本文へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第50回

~師範、Ubuntuのカーネルについて教えてください!~

2011年11月17日 15時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カーネルパッケージもたくさんありますが……?

小林:さらにカーネルパッケージがたくさんある話ですね。

編集S:あれ、いっさい分かってません!

ミズノ:「linux-image-なんちゃら」というものがカーネル関係のパッケージなんですが、パッケージ一覧を見ると途方にくれるやつですね。

やまね:どんなの?

hito:こんなの。

「apt-cache search linux-image」で、カーネルイメージパッケージを一覧した状態。多いよ!

あわしろいくや:これ、わかりにくいですなぁ。

hito:えーと、基本的には、「自分が使いたいフレーバーの、一番名前が短いやつ」を入れるのが正解です。genericならlinux-image、serverならlinux-image-server。PAE有効版が欲しければ、linux-image-generic-paeを使う。serverは無条件でPAE有効だけど、そもそもserverなら64bit版使ってくださいという話でもあるか。

編集S:名前が長いやつを入れるとどうなるので?

hito:不幸になるので止めてください。具体的には、カーネルのアップデートが自動で行なわれなくなったり、各種ドライバが更新されなくなったりします。

ミズノ:実際には、「一番名前が短いやつ」を入れておくと、「バージョン番号が入った長い名前のやつ」が勝手に入るんだよねー。アップデート時には「バージョン番号が入った長い名前のやつのなかから、もっとも最新のもの」を勝手に入れてくれます。

あわしろいくや:興味がある場合は、パッケージの依存関係がどうなっているか調べるといいですな。

さかもっちー:lowlatencyの場合も同じで、一番名前が短いやつを入れてくださいねー。

hito:でもPPAにしかないですけどね、今のところ……。っていうか、そもそも普通の人は使わない気がする。

小林:あと使う機会があるのは、追加ドライバのパッケージでしょうか。

編集S:「linux-backports-modulesなんちゃら」ってやつ?

hito:あれは、「最新カーネルのドライバ構成を、今のバージョンに持ってきたもの」ですね。

ミズノ:あー、2.6.39なら対応してるのに、11.04だからカーネル2.6.38なんだよなー、みたいな時に使うやつね。

編集I:未対応ハードウェアでも動かせるようになるわけですね。

あわしろいくや:あれが欲しいときって、有線/無線LANがほとんどですなぁ。で、どっちも使えないからダウンロードもできなくてハマる、と。

やまね:USBネットワークアダプタは必携だよね……。

hito:500円ぐらいで売ってることがあるので、安くで見つけたら買っておくといいですね。

ミズノ:ちなみに、linux-backports-modules-なんちゃらも最短ネーミングのやつ入れるルールでおっけーです。

hito:無線LANなら「cw」、有線LANなら「net」を選んでね、と。

hito:この手の追加ドライバパッケージとしては、「linux-image-extra-virtual」なんてのもあったりして。これは「virtualフレーバーで削除されたドライバ一式」だったり。

ミズノ:EC2環境で使ってた仮想マシンイメージをローカルに持って行きたい時に追加インストールしたりするのかなぁ。

hito:そんな感じでしょうねぇ。

あわしろいくや:あとはインストール時に、「linux-backports-modules-なんちゃら-headers」というのも入れておいた方がいいですな。入れてないとDKMSで入ってるドライバが不幸なことになります。

編集S:DKMSって何なのだ。

さかもっちー:「ドライバを、カーネルバージョンに応じて勝手にコンパイルしなおしてくれるもの」です。一部のドライバを入れるときに必要になります。ぐにゅぅ。

編集I:なるほど。これがあると「カーネルバージョンごとにコンパイルし直す」が自動になるわけですね。


この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン