このページの本文へ

「撤退」ではなく「進化」を続ける

シャープ発表会で見た! 進化する「GALAPAGOS」

2011年11月16日 16時18分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 既報の通り、シャープはWiMAX対応の7型タブレット「GALAPAGOS EB-A71GJ」を発表した。ここでは発表会の模様をお伝えする。

GALAPAGOS EB-A71GJを写真でチェック!

「GALAPAGOS EB-A71GJ」。WiMAX通信以外のハードスペックは、イー・モバイルの「GALAPAGOS A01SH」とほぼ同じ
「GALAPAGOS EB-A71GJ」。WiMAX通信以外のハードスペックは、イー・モバイルの「GALAPAGOS A01SH」とほぼ同じ
重量は約396gで、A01SH(約389g)より若干重い 背面にはLEDライトと500万画素カメラを搭載
重量は約396gで、A01SH(約389g)より若干重い背面にはLEDライトと500万画素カメラを搭載
ワイヤレス接続設定に「WiMAX」の項目がある。設定できるのはオン/オフ程度だ テザリングにも対応。ホーム画面上のウィジェットをタップするだけでオン/オフが可能
ワイヤレス接続設定に「WiMAX」の項目がある。設定できるのはオン/オフ程度だテザリングにも対応。ホーム画面上のウィジェットをタップするだけでオン/オフできる
テザリングでは最大7台の機器をネットに接続できる
Twitterなどと連携してスケジュール管理ができる「SnapCal」(左)や、名刺をカメラなどで取り込んで情報管理できる「名刺読取」(右)などのアプリを搭載

来年のGALAPAGOSには
次世代液晶パネルを搭載

 発表会では同社執行役員で通信システム事業本部長の大畠昌巳氏が登壇。電子書籍端末として2010年12月から直販していた初代GALAPAGOSだが、今年9月に直販を終了。その代わりにイー・モバイルから7型タブレット「GALAPAGOS A01SH」が発売されている。

シャープ通信システム事業本部長の大畠昌巳氏 「GALAPAGOSは決して撤退はしない」と宣言
シャープ通信システム事業本部長の大畠昌巳氏「GALAPAGOSは決して撤退はしない」と宣言

 この販売方法の変更とモデルチェンジについて、一部報道で「事実上の撤退」と報じられたが、大畠氏は「事実と異なる」報道だったとし、改めて「GALAPAGOSは決して撤退はしない。進化していく」と宣言した。

 なお、モデルチェンジについて同氏は、当初電子書籍端末として発売したものの、汎用タブレットとして使いたいというニーズが多かったため、デュアルコアCPUや最新のAndroidを搭載した端末にシフトしたことを明かした。今回のWiMAX対応もその延長線上にある。ちなみに、本機のAndroidのバージョンアップについても「前向きに検討したい」と述べた。

次世代液晶パネル「IGZO」を搭載する製品を来年投入 新サービスについても近日中に発表するとのこと
次世代液晶パネル「IGZO」を搭載する製品を来年投入新サービスについても近日中に発表するとのこと

 大畠氏は、来年投入する複数の次世代機において、現在開発中の新型液晶パネル「IGZO」を採用することや、同社の子会社(TSUTAYA GALAPAGOSを9月に完全子会社化)が運営する「GALAPAGOS STORE」において年内に新サービスを開始することなどを説明し、「GALAPAGOSの進化」を強調。「早期に国内トップを目指す」と意気込みを語った。

UQコミュニケーションズ代表取締役社長の野坂章雄氏 UQコミュニケーションズ代表取締役社長の野坂章雄氏

 続いて登壇したUQコミュニケーションズ代表取締役社長の野坂章雄氏は、下り40Mbps、上り15.4Mbpsの高速データ通信サービスが、全国政令指定都市のカバー率95%という圧倒的に広いエリアで使える点をアピール。さらに、テザリング機能によりGALAPAGOS自体がモバイルワイヤレスルーターとなる利便性を強調した。

モバイルワイヤレスルーターと異なり、電源オンですぐにWiMAXを利用できる利便性を強調した

 これらを踏まえ、同氏は「真のモバイル・クラウドサービスを実現したい」と意気込みを語った。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART