このページの本文へ

Samsung「MZ-7PC064D/AM」、「MZ-7PC128D/AM」、「MZ-7PC256D/AM」

初のSamsung製コントローラーを搭載した高速SSDが現わる

2011年11月11日 23時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Samsung初のSATA3.0(6Gbps)インターフェイス対応SSD「SSD 830」シリーズが発売となった。コントローラーにも自社製を採用する新型SSDだ。

Samsung初のSATA3.0(6Gbps)インターフェイス対応SSD「SSD 830」シリーズが発売。自社製コントローラー「MCX」を採用する

 「SSD 830」シリーズの特徴は、なんといっても自社製コントローラー「MCX」を採用する点。他社のデュアルコントローラーと異なり、ARM9ベースのトリプルコアは複数の命令などのデータの読み取り、書き込みデータと最適化を実行することができるという。
 採用するNANDフラッシュにも同社製の20ナノメートルクラスのトグルDDR NANDフラッシュチップを搭載。別途キャッシュメモリとしてDDR2 256MBも備えている。

128GB/256GBモデルには、なぜか「Batman: Arkham City」のダウンロードチケットが同梱。それはさておき、SATA3.0対応SSDの注目モデルといえる

 ラインナップは64GB~512GBまでの4モデル。主なスペックは、全モデルで読み込み最大520MB/sec、64GBモデル「MZ-7PC064D/AM」の書き込みが160MB/sec、128GBモデル「MZ-7PC128D/AM」の書き込みが320MB/sec、256GBモデル「MZ-7PC256D/AM」と512GBモデル「MZ-7PC512D/AM」の書き込みが400MB/sec。
 また、4KBランダム読み込みが64GBモデルで7万5000IOPS、同書き込みが1万6000IOPS。128GBモデルで8万IOPS、同書き込みが3万IOPS。256GBモデルと512GBモデルで8万IOPS、同書き込みが3万6000IOPS。
 価格は以下の通りとなっている。

価格ショップ
「MZ-7PC064D/AM」(64GB)
¥11,280ソフマップ秋葉原リユース総合館
¥11,800オリオスペック
¥11,980パソコンショップアーク
近日入荷PC DIY SHOP FreeT
「MZ-7PC128D/AM」(128GB)
¥19,980ソフマップ秋葉原リユース総合館
¥20,800オリオスペック
¥20,980パソコンショップアーク
近日入荷PC DIY SHOP FreeT
「MZ-7PC256D/AM」(256GB)
¥37,800オリオスペック
パソコンショップアーク(12日入荷)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中