このページの本文へ

ASUSTeK「E45M1-I DELUXE」

「AMD E-450」搭載のMini-ITXマザーが販売開始

2011年11月11日 22時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのFusion APU「AMD E-450」を搭載したASUSTeK製のMini-ITX対応マザーボード「E45M1-I DELUXE」が今日から店頭に並んでいる。

AMDのFusion APU「AMD E-450」を搭載したASUSTeK製のMini-ITX対応マザーボード「E45M1-I DELUXE」が今日から店頭に。ヒートパイプとアルミ製シンクを組み合わせた大型の冷却機構によるファンレス仕様となる

 この製品は、クロック周波数が1.65GHz、L2キャッシュ1MB、TDP18WのデュアルコアAPU「AMD E-450」をオンボードで搭載したMini-ITXフォームファクターのマザーボード。内蔵GPUはRadeon HD 6320、GPUクロックは508MHz/最大600MHz、対応メモリーはDDR3-1333となる。
 「AMD E-450」搭載マザーは、すでにmicro ATXフォームファクターの「E45M1-M PRO」が発売されているが、それに続く製品となる。

DirectX 11対応の「Radeon HD 6320」によるVGA機能を搭載。I/O部の映像出力にはDVI-I/HDMIを備えている
ハッキリ言って見た目は旧モデルの「E35M1-I DELUXE」と同じ。スペックは「AMD E-450」に変更されたことで一部機能が強化されている

 ヒートパイプとアルミ製シンクを組み合わせた大型の冷却機構によるファンレス仕様となる点や、小型ながら豊富なオンボードデバイスを搭載する点などは旧モデルの「E35M1-I DELUXE」と同じだ。違いは「AMD E-450」による変更点で、クロック周波数が1.6GHz→1.65GHzに、内蔵GPUがRadeon HD 6310→Radeon HD 6320に、GPUクロックが492MHz→508MHzに、対応メモリーがDDR3-1066→DDR3-1333などとなっている。
 主なスペックは以下の通りで、チップセットが「AMD A50M FCH」。拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1(x4動作)、Mini PCI-Express×1(無線LANカードで使用済)、メモリースロットがDDR3-DIMM×2(DDR3-1333/1066、8GBまで)。
 オンボードインターフェースとしてDirectX 11対応の「Radeon HD 6320」によるVGA機能や、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×6(eSATA×1含む)、USB 3.0×4(ルネサステクノロジー/フロント×2/リア×2)、IEEE 802.11n対応無線LAN、Bluetoothなどを搭載。I/O部の映像出力にはDVI-I/HDMIを備えている。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

価格ショップ
「E45M1-I DELUXE」
¥17,980パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
パソコンハウス東映
ソフマップ秋葉原リユース総合館
¥18,980PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中