このページの本文へ

advanceの次はBasic! 1万円強で買える7型タブレット

2011年11月11日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介した「4K2K動画再生対応のAndroidタブレット」の廉価版となる「Novo 7 Basic」がaPad専門店で発売されている。

「Novo 7 advance」の廉価版である7型タブレット端末「Novo 7 Basic」。片手に収まる同モデルは静電容量式のタッチパネルを搭載する
インターフェース部分はNovo advanceと共通で、イヤフォンジャック、miniHDMI、マイク、USB、microSDカードスロット、電源コネクターなどが搭載され、物理ボタンは音量調節ボタン、電源ボタンを搭載する

 Novo 7 Basicは、3840×2160ドット(いわゆる4K2K解像度)の動画ファイル再生に対応したainol製7型タブレット「Novo 7 advance」の廉価版にあたる。

 サイズは同じ7型(800×480ドット)だが、4K2K解像度の動画再生には非対応、外部出力端子として搭載されているminiHDMI端子もHDMI 1.4サポートはうたわれていない。

背面には200万画素のアウトカメラを搭載する高解像度の動画再生には非対応だが、5点マルチタッチなど基本性能は高い

 また、Novo 7 advance同様パッケージに「3D ACCELERATOR」という印刷があるが、実際に3Dの出力に対応しているかは不明。販売店によると「再生可能な動画は最大1920×1080ドットまで」とのことだ。

 主なスペックは、CPUに動作周波数1GHzの「Xburst」を搭載。DDR2 512MBのメインメモリー、4GBの内蔵フラッシュメモリーを採用するほか、30万画素のインカメラ、200万画素のアウトカメラを内蔵する。

 なお、OSにはAndoird 2.2が採用されており、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)などの通信機能をサポート。サイズは幅176×奥行き13×高さ115mm、重量は約500gで、価格は1万800円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART