このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

快適・速さ・安心 違いがわかるセキュリティーソフト特集 2012年版 ― 第1回

2012年度版のセキュリティーソフトはここを見ろ!

2011年11月07日 12時00分更新

文● 小林哲雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パソコンを安全かつ安心して使うには、セキュリティーソフトの導入は欠かせない。本特集ではセキュリティーソフト分野のトップ3であるマカフィー、シマンテック、トレンドマイクロの総合セキュリティーソフト2012年度版を比較して、その特徴や新機能、パフォーマンスについて検証してみる。

マカフィー トータルプロテクション2012(6980円)ノートン インターネットセキュリティ2012(6480円)ウイルスバスター2012 クラウド(4980円)

小幅な変更が中心の
2012年度版セキュリティーソフト

 2012年度版の統合セキュリティーソフトを総括すると「クラウドのさらなる活用とAndroidへの対応」が特徴と言えるだろう。

 ここ数年は、オンライン問い合わせ(クラウド対応)による「レピュテーション評価」やパターンチェックなどの技術が登場して、テクノロジー的には面白くはあった。だが、総合セキュリティーソフトのメインターゲットは一般人なので、聞いてもわかりにくい細々としたテクノロジーを語ることは最近減ってしまった。今年はむしろ用語面でのアピールは目立つものの、新機能は少ない。

 今回の記事では直接取り上げないが、スマートフォン、正確に言えばAndroidの普及によって「モバイルデバイスのセキュリティー」が一般人にも重要視されるようになっているのも、今年の重要なトピックとなっている。例えば、今回取り上げなかったカスペルスキーの製品のように「去年まではインターネットセキュリティという製品があったが、今年は同じ値段でWindows/Macintosh/Androidのどれでも使える」という統合パッケージに踏み切った会社もある。

 今回は三強製品ということで、マカフィーの「マカフィー トータルプロテクション2012」(6980円)、シマンテックの「ノートン インターネットセキュリティ2012」(6480円)、トレンドマイクロの「ウイルスバスター2012 クラウド」(4980円)を、比較対決させてみた(価格は公式販売サイトの1年3PC版のダウンロード販売価格)。

 補足しておくと、マカフィーはトータルプロテクションのほかに、「マカフィー インターネットセキュリティ 2012」(5775円)や、別の記事で取り上げられている「マカフィー オールアクセス 2012」(8995円)という2種類の総合製品がある。オールアクセスのWindows限定版として、今回はトータルプロテクションを取り上げている。

 3回を予定している特集の1回目では、各製品の特徴と2012年版の新機能を中心に紹介する。次回はインストールと使用感、3回目はここ数年各社が力を入れている「軽さ」をチェックする予定だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART